サラリーマンの副業で税金が非課税になるビジネスをチェック!

税金

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして働きながら、

『副業をしている人』

が、最近増えてきました。

 

ですが、副業を行うと、

『収入に応じた税金』

が発生します。

出来れば、税金が発生しない方が良いですね。

 

そこで、今回は、

『副業で非課税になるビジネス』

について紹介していきましょう。

 

サラリーマンの副業で非課税になるビジネスとは?

サラリーマンとして働いているということは、

『本業がある』

ということです。

 

この場合、1つの会社から、

『給与収入を得ている』

ことになりますよね。

 

これは、

『給与所得以外の収入が20万円以下であれば、確定申告が不要』

となります。

つまり、

『税金がかからない』

ということです。

副業ビジネスで非課税になりたいのであれば、この条件を満たすようにしましょう。

月1万円の副業収入の仕事なら、税金は気にしなくて良い

どんな副業をするかにもよりますが、収入に関しては、

『やり方次第で、かなりの差が出る』

ようになっています。

全く儲からないと言われた副業で、

『月収100万円以上』

を稼ぐ人もいるため、これは最たる例と言えます。

 

ですが、出来るなら、

『税金がかからないように収入を調整したい』

と考える人もいるでしょう。

これに関しては、簡単な方法があり、

『月収1万円までしか稼がない』

ようにすれば、年間で20万円を超えることはないでしょう。

 

少額を稼げて、非課税にしやすい副業ビジネスと言えば、

『クラウドソーシング』

があります。

 

クラウドソーシングは、

『各企業や個人が、不特定多数に仕事を依頼する』

というものであり、報酬額も様々です。

特に、初心者でも出来る、

『データ入力』

などは、週末作業でちょうど良く月1万円を稼ぐことが出来ます。

 

他にも、サイトの記事を書く、

『ライティング』

も、副業でやる分にはおすすめの仕事です。

ライティングは、極めていけば、

『月50万円以上』

も狙える仕事となりますが、最初はかなり少ない収入です。

 

月1万円を目安にしていれば、

『そこまで苦労することなく、収入を得られる』

ので、非課税を狙うならおすすめです。

 

月1万円を稼ぐだけでも、年間で、

『12万円』

の収入になります。

これだけあれば、生活も少しは楽になるでしょう。

せどり・転売でも、非課税にしやすい

基本的な考えとして、

『副業で年間20万円以下に抑えれば良い』

というものがあるので、計算がしやすいビジネスがおすすめになってきます。

 

先程のクラウドソーシングもそうですが、

『せどり・転売』

も、収入の計算がそこまで難しくありません。

 

せどり・転売は、

『安く商品を仕入れて、高く売る』

という、商売本来の形を理解していれば出来る副業です。

その為、年間の収支が計算しやすく、

『非課税対象から外れにくい』

と言えます。

 

また、不用品などを売ることも出来るので、

『断捨離が出来る』

という点でも、忙しいサラリーマンにはおすすめの副業ですね。

副業

サラリーマンが副業で稼ぐ前に読むべき絶対おすすめ本を紹介!

2018年12月24日

非課税になる基準を知っておけば問題はない

ひらめく女性

『年間20万円以下であれば、確定申告は不要』

と紹介しました。

 

これは、

『非課税になる』

ということを意味しています。

 

ですが、これには、

『給与所得や退職所得以外』

という一定の条件があるのです。

 

サラリーマンであれば、会社が、

『年末調整』

というものを行っていることは知っているでしょう。

これは、簡単に言うと、

『会社が、確定申告を代わりにしてくれている』

ものなのです。

 

そして、確定申告をする際、

『会社以外からの給与所得も、合算して税金額を出している』

ことを、覚えておきましょう。

先程紹介した副業は、

『給与には当たらない、雑所得』

となっています。

 

もしこれが、アルバイトなどの、

『給与所得』

となった場合は、たとえ20万円以下の収入でも非課税にはならないのです。

細々とした決まりは、他にもたくさんありますが、

『サラリーマンとして覚えておくのは、給与所得かどうか』

だけで十分でしょう。

 

お金を稼ぎすぎると、

『結局は、非課税対象にはならない』

ので、気を付けてください。

法人化

サラリーマンが副業で法人設立するタイミング!稼ぎや利益はいくら?

2018年12月24日

副業禁止の場合は、非課税であっても注意する

現在、

『副業解禁の動きが少しずつ見えている』

状況ですが、まだまだ会社が副業を認めていないことが多いです。

 

その為、たとえ副業で非課税対象になったとしても、

会社にバレたら、クビになる可能性がある

ことを忘れないようにしてください。

 

税金がかからなければ、

『基本的に、副業はバレにくい』

というのは、確かにあります。

ですが、

  • 情報漏洩
  • 第3者の口添え

などで、副業がバレてしまうことはよくあるのです。

 

非課税だからと言って、安心していると、

『後で大変なことになる』

ので、出来れば会社の許可を貰えるようにしておきましょう。

それが、自分自身を守ることにも繋がります。

副業

サラリーマンが平日にできる副業を紹介!短い時間でいくら稼げる?

2018年12月24日

まとめ

今回のまとめとしては、

『非課税になるには、どうやって収入を得るかが重要になる』

ということが言えるでしょう。

 

非課税だと思っていても、

『実は税金がかかっていた』

ということもよくあります。

 

これは、自分の収入が、

『非課税対象になるかどうかを把握していなかった』

ために起こることです。

税金を払いたくないと思うなら、

『収入がどうなっているかの把握』

をしっかりと行っていきましょう。

それが、非課税になるための第1歩ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください