サラリーマンが副業で確定申告する時の必要書類を一覧チェック!

確定申告

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして働きながら、

『副業をしている人』

も今では多いと思います。

 

そんな人が行わなければならないことが、

『確定申告』

です。

 

しかし、初めて確定申告をする人は、

「何を用意すれば良いか分からない」

という人も多いでしょう。

 

そこで、今回は、

『確定申告に必要な書類』

について紹介していきます。

気になる人は、参考にしてみてください。

 

サラリーマンが、副業で確定申告するときに必要な書類

サラリーマンは、ほとんどの人が、

『自分で確定申告をしたことがない』

という人が多いと思います。

 

会社勤めなら、

『年末調整』

で、確定申告まで終わってしまうからです。

 

ですが、副業をしているなら話は別であり、

『給与所得や退職金所得以外の収入が、20万円より上の人』

は、確定申告を行わなければならないのです。

 

配偶者控除などで、金額が変わることもありますが、

『基本は20万円より上の収入』

と覚えておいてください。

それでは、確定申告には、

『何が必要になるのか』

を紹介していきます。

 

確定申告書

まずは、確定申告に外せない書類である、

『確定申告書』

です。

 

この書類は、

  • 税務署で貰う
  • 国税庁のホームページから印刷する

などで手に入れることが出来ます。

これがなければ、

『確定申告が出来ない』

ので、最初に手に入れてください。

 

副業で給与所得を貰っているなら、源泉徴収票が必要

副業の収入といっても、

『様々な種類』

があり、中でも副業が給与所得の場合は気を付けなければなりません。

 

給与所得の場合、

『20万円以下の収入でも、確定申告が必要となる』

ため、源泉徴収票が必要となります。

確定申告時には、

本業と副業の源泉徴収票

が必要になるので、しっかりと用意しておきましょう。

 

ちなみに、給与所得でない場合も、

『本業の源泉徴収票は必要』

となるので、忘れないでくださいね。

 

副業の年間収支と経費が確認できる書類

副業で確定申告するときは、

『年間でどれくらいの収支があったのか』

が分かる書類が必要になります。

 

自分の通帳や、相手側からの明細表など、

『どれだけのお金を稼ぎ、どれだけ使ったのか』

をはっきりさせておかなければなりません。

 

また、使ったお金には、

『経費として計上できるもの』

ものがあります。

経費は、

『副業をするために必要になったお金』

のことであり、税務署から認められれば収入から引くことが出来ます。

 

ちなみに、この経費で、

『年間収入が20万円以下になった場合』

は、確定申告が不要になります。

このときの収入は、

『給与と退職金以外の副業収入』

を指しているものです。

さらに言えば、先程も少し紹介した、

『年末調整』

を、本業の会社から受けている場合のみになります。

 

稀なケースになりますが、

『本業の給与収入が年間2000万円を超える人』

も、確定申告を自分で行うことになっています。

年末調整は、確定申告にとって重要な判断材料になるということですね。

 

節税にも繋がるため、

『経費は計算しておく』

ことをおすすめします。

 

経費は、

『領収書やレシート』

がなければ認められないので、しっかりと保管しておきましょう。

 

法人化している場合は、複式帳簿が必要になる

副業で、

『法人化している人』

に関しては、普通の確定申告とは少し違う方法があります。

 

それが、

『青色申告』

です。

 

青色申告は、

  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 山林所得

の人だけが出来るものとなっています。

その為、

『法人化して、副業をしている』

なら、青色申告が出来るというわけですね。

 

ですが、青色申告をするなら、

『複式帳簿』

を作らなくてはいけません。

複式簿記は、

『より詳細な収支の動きが把握できるもの』

となっていますが、なかなかやり方が難しいです。

 

その代わり、

『最大65万円の控除』

が受けられるため、より税金が安くなります。

法人化して、まだ青色申告をしていない人は、

『複式帳簿』

を作ってみた方が良いでしょう。

 

収支内訳書も必要になる

年間の収支を確認出来る書類を見ながら、

『収支内訳書』

というものを作成する必要がなります。

 

主な記載内容としては、

  • 収入金額
  • 売上原価
  • 経費
  • 専従者控除

などを、帳簿を見ながら記載していきます。

この書類がないと、

所得の計算が出来ない

ので、確実に提出してください。

控除を証明する領収証

何かしらの控除が受けられる場合は、

『控除が証明できる領収書』

を用意しておきましょう。

 

いくら控除が受けられると言っても、

『それを証明する書類』

がなければ、税務署は認めてくれません。

控除が受けられれば、

  • 税金が減る
  • 還付金が受け取れる

などのメリットがあるので、面倒でも確実に行っておきましょう。

サラリーマンの節税

サラリーマンの年収と税金をチェック!確定申告でお得になる?

2018年12月6日

副業だとしても確定申告は確実に

絶望する女性

サラリーマンの副業では、

『確定申告が重要になってくる』

ため、それに必要な書類等も用意しておかなければなりません。

 

日頃から、

  • 帳簿をつける
  • 領収証を保管する

など、確定申告に向けた取り組みをしていれば問題はないでしょう。

ですが、面倒くさいからと言って、

『確定申告をしないまま放置してしまう』

と、税務署から追加課税を受けることもあります。

 

こうなってしまうと、

『払わなくてよい税金まで払う』

という事態になってしまうのです。

その為、今回紹介している書類をしっかりと用意して、

『確定申告を問題なく乗り越える』

ようにしていきましょう。

 

また、サラリーマンである以上、

『会社に副業の許可を貰わなければならない』

ので、そこも抜かりなく行っていきましょう。

確定申告

サラリーマンで確定申告をするメリットとは?年収2000万を例に紹介!

2018年12月2日

まとめ

今回のまとめとしては、

『確定申告には、必要な書類がそれなりにある』

ということが言えるでしょう。

 

サラリーマンであれば、

『初めて確定申告をする人』

も多いと思います。

ですが、収入を得ている以上、

『確定申告を無視するわけにはいかない』

のです。

 

自分の副業から発生する収支を把握して、

『問題なく確定申告ができるようにしておく』

ことを、心掛けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください