サラリーマンの副業で新聞配達は月収いくら稼げるかチェック

新聞配達

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして働きながら、

『副業を行う人』

がドンドン増えてきました。

 

様々な種類の副業がありますが、その中でも、

『新聞配達』

をやりたいと考えている人が、一定数いると言われています。

ですが、新聞配達が、

『どれくらい稼げるのか分からない』

という人も多いでしょう。

 

そこで、今回は、

『サラリーマンが副業で新聞配達すれば、どれだけ稼げるのか』

について紹介します。

興味のある人は、参考にしてみてください。

 

新聞配達は、いくら稼げるのか?

新聞配達と言えば、

『かなり朝早い時間から新聞を配っている』

という印象があると思います。

 

時間帯は、

『早朝と夕方』

が多く、深夜に配れば、それなりに稼げると思っている人も多いでしょう。

 

実際のところ、それは概ね当たっています。

『夕方より早朝の方が報酬が高い』

のが現状です。

 

新聞配達の単価はどれくらい

夕方より早朝の方が、

『報酬が高い』

と紹介しましたが、実際はどれくらいあるのでしょうか。

 

各業者によって違いますが、1件あたり、

新聞配達の単価

早朝:200~300円 

夕方:100~200円

という単価が平均になっています。

また、時給換算で報酬を出していることもあり、

『1000~1200円台』

が、平均となっているようです。

月の報酬はどれくらい

新聞配達は、時給制を取っているところもありますが、

『基本的には、歩合制』

です。

 

その為、

『どれだけ効率よく新聞を配れるかによって、報酬も変わる』

ということですね。

とは言っても、そこまで違いが出るわけでもなく、

5~7万円

あたりが、月の報酬となっていることが多いです。

月に300件配れれば、優秀な部類と言えます。

 

また、新聞配達以外にも、

  • ポスティング
  • 新聞の勧誘

などの仕事もあるため、そこでさらに稼ぐ人もいるようです。

 

新聞配達の仕事は、慣れれば簡単

新聞配達と聞くと、

  • 道が覚えられない
  • どの家に投函すれば良いか分からなそう

などの意見もよく聞きます。

 

ですが、新聞配達を続けていけば、

『これらの問題は、すぐに解決する』

と言われています。

どんなに道を覚えるのが苦手な人でも、

『毎回同じ道を走って新聞を配れば体が覚える』

ため、最終的には楽になるのです。

 

また、昔のように自転車や徒歩で配ることもなく、

『事務所のバイクを使って配達出来る』

ため、肉体的にも疲れにくいです。

 

最初は、地図を見ながら配達するのですが、慣れれば、

『何も見ずに配達を終わらせることが出来る』

ので、あまり心配する必要はないでしょう。

ただ、

『悪天候の時はかなりキツイ』

ため、そこは気を付けた方が良いですよ。

ホスト

サラリーマンが副業ホストで稼ぐのは現実的?【会社にバレたら】

2018年12月24日

サラリーマンが副業で新聞配達をするのは無理?

はてな

新聞配達について、簡単に紹介しましたが、

『サラリーマンが副業で行うのは、少し無理がある』

と言えるかもしれません。

 

その理由は、

『勤務時間』

にあるのです。

 

新聞配達の勤務時間は、サラリーマンとは相性が悪い

普通のサラリーマンであれば、

  • 朝7時~8時ころに家を出る
  • 夜7時~8時には帰宅できる

という流れになると思います。

残業などが重なれば、さらに帰宅は遅くなるでしょう。

 

一方で、新聞配達の時間は、

  • 早朝2時~3時ころに開始して、5時前後に終了する
  • 夕方15時ころから開始して、17時前後に終了する

という場合がほとんどです。

夕方は、本業があるから無理として、

早朝の新聞配達をすれば、ほとんど眠る時間がない

ということになります。

 

帰宅が深夜になれば、

『1~2時間程度しか睡眠が取れない』

などという事態も有り得るのです。

 

この生活を続けていれば、

『ほぼ確実に体を壊す』

ことになるでしょう。

もし、耐えられたとしても、

『本業に多大な影響が出る可能性が高い』

と言えます。

 

最近では、

『フレックスタイム制』

などを導入する会社も出てきたので、あまり心配することはないかもしれません。

ですが、全ての人がフレックスタイム制を使えるわけではなく、さらには、

『労働時間をズラしているだけで、根本的な解決にならない』

という問題もあります。

 

副業として始めたい新聞配達が、

『自分を苦しめる足枷』

になってしまっては意味がありません。

よほど時間に余裕がある人しか、

『新聞配達は出来ない』

と言って良いでしょう。

副業

サラリーマンが平日にできる副業を紹介!短い時間でいくら稼げる?

2018年12月24日

週末だけ新聞配達をする方法も

カレンダー

新聞配達は、サラリーマンとは相性が悪いと紹介しました。

ですが、これはあくまで、

『平日に働く場合』

に限ります。

 

新聞配達を平日ではなく、

『週末の休みだけ行う』

などすれば、負担は少なくなるでしょう。

その分、

『報酬は減ってしまう』

のですが、月1万円くらいなら稼げる見込みはあります。

副業で考えれば、これでも十分なのです。

 

体を壊したら、元も子もないので、

『週末だけに絞って仕事をする』

など、工夫して新聞配達をしてみることをおすすめします。

パチンコ

サラリーマンが副業でパチンコやスロットで稼ぐ方法は現実的?

2018年12月27日

まとめ

今回のまとめとしては、

『新聞配達を副業でやるなら、無理のない範囲で行うようにする』

ということが言えるでしょう。

 

サラリーマンは、本来、

『本業にこそ力を入れなければならない』

ため、副業で過度な労働は避けるべきなのです。

新聞配達は、労働時間においてサラリーマンと相性が悪いので、

『かなり辛い副業になる』

のは、目に見えています。

 

それでも副業でやりたいなら、先程紹介したように、

『週末だけ行う』

など、時間を調整してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください