サラリーマンの副業が会社の年末調整に影響することをチェック

副業の影響

こんにちは。SOです。

サラリーマンが副業をしている人には、

『会社に秘密で行っている』

という人も多いです。

 

ですが、会社には、

『年末調整』

という税金額を決めるシステムがあります。

そのシステムによって、

『副業がバレてしまう可能性』

があるのです。

これを恐れて、なるべく副業がバレないようにしている人もいるでしょう。

 

そこで、今回は、

『どんなとき、副業が年末調整へ影響するのか』

紹介していきましょう。

興味のある人は、参考にしてみてください。

 

サラリーマンの副業が年末調整に影響を与える場合とは?

サラリーマンの副業は、

『国が推進している政策』

として、最近では有名になってきました。

 

ですが、現状では、

『まだまだ副業を認めていない会社が多い』

ので、副業をしたくても出来ない人もいるのです。

そんな中、

『会社にバレないように副業をしている人』

も多いのですが、注意しなければならないことがあります。

 

それが、税金額を計算する、

『年末調整』

なのです。

 

副業が、『給与所得』になっている場合

副業を行い、報酬を貰う過程で、

『給与所得』

となっている人がいると思います。

 

主な副業として、

  • アルバイト
  • パート

が考えられますね。

 

給与所得がなぜダメかと言うと、

『税金額が本業収入より、多くなってしまうから』

なのです。

会社は、本来、

『1年間の収入に対して、年末調整を行う』

のですが、副業は自分で確定申告をしなければなりません。

 

この場合、

『副業で稼いだ金額に対する税金額は、本業と合算される』

のです。

そして、税金額の通知が行くのは、

収入が多い本業側となる

ため、会社側が出した税金額より額が多ければ、他に収入があることを気付かれてしまいます。

 

また、税金の通知が会社に行かないように、

『自分で税金を支払うようにする』

と言う方法を取っている人もいますが、給与所得の場合、それも出来ません。

つまり、

副業が給与所得だと、限りなく本業の会社にバレやすくなる

ということです。

 

副業の会社側に相談して、

『給与所得以外で報酬を支払ってもらう』

などの措置を取れれば、まだ問題はありません。

ですが、あまり期待は出来ないので、

『出来るだけ、給与所得以外の方法で収入を得る』

ようにしていくことをおすすめします。

 

確定申告時に、『特別徴収』してしまう

サラリーマンが、給与所得以外で報酬を受ける場合と言えば、

『雑所得』

があります。

 

ほとんどの場合が、この所得になると思いますが、この場合、

『確定申告時に、普通徴収を行う』

ことで、副業が会社にバレることは少なくなります。

 

税金の徴収には、

  • 特別徴収
  • 普通徴収

というものが存在していて、それぞれ役割が異なります。

 

特別徴収は、

『会社からの給与から、税金を天引きする』

システムであり、源泉徴収が行われています。

源泉徴収とは、

『会社が会社員のかわりに、税金を前払いしている』

ものであり、少し多めに徴収した分が、還付金として戻ってくるようになっています。

 

普通徴収は、

『会社に頼らず、個人で税金を納める方法』

であり、自分で確定申告をして税金を支払うものです。

 

税金の納付方法は、確定申告時に決定できるのですが、この時、

副業で得た雑所得を、特別徴収にしてしまう

と、会社に、本業と副業の所得を合算した金額から出た住民税が通知されます。

こうなると、年末調整をした経理担当が、

『計算した税金額より多くなっている』

と気付く可能性があり、結果として副業がバレてしまうのです。

 

会社は、

『年末調整で算出した税金額を確認している』

ため、よっぽど抜けていない限り、気づかれてしまうでしょう。

 

普通徴収にすれば、会社には、

『本業の住民税のみが通知される』

ため、ひとまずは安心ということですね。

 

住民税の申告で、特別徴収を選んでしまう

副業をしている人なら、聞いたことがあるかもしれませんが、

『給与所得か退職金所得以外では、20万円以下なら確定申告が不要』

という決まりがあります。

 

この場合、確定申告をしなくて良いので、税金がなく、

『本業に税金額の差額を見られることはない』

のです。

ですが、例え20万円以下の所得でも、

『住民税の申告』

はしなければなりません。

 

このときも、

『普通徴収か特別徴収を選ぶ必要がある』

のですが、うっかり特別徴収を選ぶと会社に副業がバレるかもしれません。

結局、いつ会社に副業がバレるのかというと、

『通知される住民税の額と、会社が年末調整で出した額が違う』

ときになります。

 

確定申告がないからと言って、気を抜いていると、

『思わぬところで墓穴を掘る』

ことになるかもしれませんよ。

確定申告

サラリーマンが副業で確定申告する時の必要書類を一覧チェック!

2018年12月27日

年末調整は副業の天敵

指摘

年末調整が副業に与える影響は、

『税金額の差額がバレるかどうか』

となります。

 

会社は、年末調整によって、

『本来、納めるべき税金を正確に算出している』

ため、請求される税金額が違えば、すぐにバレてしまうのです。

 

会社の義務とはいえ、

『年末調整は、副業の天敵』

とも言えます。

この脅威を防ぎたいのであれば、

  • 確実にバレないように細工する
  • 会社に副業の許可を得る

という選択肢しかないでしょう。

 

まだまだ、時代が副業を受け入れきれていないので、

『副業解禁の会社に勤める』

などの対抗措置を取った方が、年末調整などを気にしなくて済みます。

もし、それが嫌なら、

『解雇覚悟で、副業をする』

くらいの気概を持つことをおすすめします。

人気

サラリーマンの副業人気ランキングを紹介!最も稼げるビジネスは?

2018年12月28日

まとめ

今回のまとめとしては、

『年末調整は、副業にかなりの影響を与えるもの』

ということが言えるでしょう。

 

どんなにバレないようにしていても、

『少しのミスで、副業がバレてしまう』

ことはあります。

その最たるものが、

『年末調整による、税金計算』

なのです。

 

許可を貰えば済む話ではありますが、バレたくないなら、

『所得の種類や確定申告のやり方をしっかり考える』

ようにすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください