サラリーマンが副業する場合の注意点まとめ【手続きを怠るとヤバイ】

副業でピンチ

こんにちは。SOです。

サラリーマンが働きながら、

『副業を行っている』

ことが多くなりました。

 

そんな中、副業を行う上での、

『注意点』

について、よく知らず、あとから困っていることもあるようです。

副業は、本業と同様、

『収入を貰っている』

のだから、知っておかなければならないことはあります。

 

そこで、今回は、

『サラリーマンが副業をする上で、注意すること』

について紹介します。

興味のある人は、参考にしてみてください。

 

サラリーマンが、副業をする上での注意点まとめ

サラリーマンが、副業をする上で、

『注意すべきこと』

としては、いくつかあります。

 

どれも重要なことであり、

確認を怠れば、かなり面倒なことになる

可能性もあります。

 

会社に副業を報告する

まず、前提条件として、

『本業の会社に、副業をすることを報告する』

必要性があります。

 

現在では、

『副業を解禁している会社』

が、少しずつ増えてきました。

これにより、徐々に副業をやるサラリーマンが増えてきたのですが、

『まだまだ会社が副業を認めていない』

ことが多いです。

 

会社が副業を認めていない理由としては、

  • 本業に支障が出る
  • 内部情報が流出する

などの懸念があるからと言われています。

 

そして、おそらく1番の理由は、

『本業に支障が出るから』

だと思われます。

 

会社としては、

『副業などをせずに、仕事に集中してほしい』

と考えているでしょう。

ですが、給与が減少傾向にある現在、

「本業の収入だけではやっていけない」

と考えている人も多いからこそ、隠れてでも副業をやっている人がいるのです。

 

ですが、会社にとっては、

「そんなことはどうでもよい」

と考えていることが多く、会社の規則に従えない人は良く見られません。

副業が会社にバレてしまうと、

最悪の場合、クビになる

こともあります。

 

副業で稼げても、

『本業を失ってしまう』

のでは、本末転倒ですよね。

その為、出来るだけ、

『会社に報告して、許可を貰う』

ようにしなければならないのです。

 

これが嫌なら、

『副業が出来る会社に転職する』

などの対応を取らなければならないでしょう。

 

収入額には注意しておく

副業をしていると、

『収入がかなり多くなった』

という人も出てきます。

 

その場合、気を付けなければならないのが、

『確定申告』

となります。

確定申告と聞けば、

『サラリーマンには関係ない』

と思っている人も多いでしょう。

 

ですが、副業の場合、

『年間で20万円より所得が上の人』

は、自分で確定申告をしなければならないのです。

初めて副業をした人に、

『申告忘れ』

の人がいるのですが、この場合、かなり面倒なことになります。

 

そうならないためにも、

『確定申告だけは、忘れないようにする』

ことを肝に銘じておきましょう。

稼ぐ

サラリーマンの副業で手軽に簡単に月収1万を稼げるビジネスを紹介

2018年12月28日

確定申告を忘れると、後々面倒なことになる

確定申告

サラリーマンが、副業をする上での注意点を紹介しました。

先程も紹介したように、

『会社に無断で副業をしていることがバレる』

と、最悪の場合、職を失います。

 

ですが、やはり副業をする上で、最も注意すべき点は、

『確定申告忘れ』

なのです。

 

確定申告をしなければ、追加で税金を払うことになる

確定申告は、

『1年間の所得から、支払うべき税金を決める』

という重要な手続きです。

 

日々の暮らしは、

『税金で成り立っている』

以上、支払いは滞りなく行われなくてはなりません。

ですが、

  • 確定申告の決まりを知らない
  • 決まりを知っていても、あえて確定申告しない

など、正式な手続きをしていない人もいるのです。

 

この場合、脱税となり、バレると

『追徴課税が課されることになる』

のです。

追徴課税は、

『その人の所得により、その都度違う』

のですが、かなり大きな出費になることが多いです。

 

無駄なお金を使いたくないのであれば、

『確定申告は、確実に行う』

ようにしましょう。

 

脱税で、副業が会社にバレることもある

確定申告をしなければ、

『脱税になる』

と紹介しましたが、これは犯罪だということを理解しておく必要があります。

 

脱税により、追徴課税がなされた場合、

支払いが出来なければ、給与を差し止められる可能性がある

のです。

 

給与が差し止めになると、当然、

『会社にも、副業による脱税がバレてしまう』

ことになります。

副業を会社に報告していれば、まだマシですが、

『給与差し止めにより、その人の信頼は地に落ちる』

ことになるでしょう。

 

結局は、

『副業がバレてしまった人と同じような結末』

を迎えることになります。

 

また、追徴課税を支払ったとしても、

『住民税が増える』

ため、結局は会社の経理担当にバレてしまうでしょう。

これは、副業を秘密にしていた人がピンチになることです。

 

どちらにしても、ロクなことにはならないので、

『確定申告は確実に行うようにする』

ということですね。

稼いだあとは

サラリーマンが副業で稼いだ時に必要な手続きと1年の流れを解説

2018年12月28日

副業は、会社の許可と確定申告が特に重要

重要

これまで紹介した内容から、

『副業は、会社に許可を取ること・確定申告を確実に行うこと』

が重要だということが分かったかと思います。

 

実際、どちらも正しく手続きしている人は、

『何の不安もなく、副業に取り組んでいる』

といっても過言ではないでしょう。

 

人は、後ろめたいことがあると、

『極度にストレスが溜まる』

ものです。

 

副業を、

『少しでも安全に行いたい』

と思うなら、正式な手続きをしっかりと行いましょう。

口座隠し

サラリーマンが副業の銀行口座を妻名義にするメリットとデメリット

2018年12月29日

まとめ

今回のまとめとしては、

『サラリーマンの副業は、正しい手続きを踏んで行うべき』

ということが言えるでしょう。

 

生活を豊かにするため、副業を始めたにも関わらず、

『副業が原因で、仕事を失う』

ようなことがあれば、本末転倒です。

副業が普及している今だからこそ、

『正しい手続きを踏む』

ことが重要なのです。

 

副業自体は、とても良いことなので、

『安心して仕事が出来る』

ように、正しい手続きを踏んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください