サラリーマンが副業で脱税になるケースを紹介!逮捕の可能性は?

脱税のケース

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして働きながら、

『副業をしている人』

も増えてきました。

 

本業に追加して収入が入るのは、

『サラリーマンとしては嬉しい』

ことでしょう。

ですが、副業で収入が発生すると、

『税金』

が、かかります。

 

そして、税金の仕組みを知っておかなければ、

『脱税』

になる可能性もあるのです。

 

そこで、今回は、

『副業で脱税になるケース』

について紹介します。

税金のことに興味がある人は、参考にしてみてください。

 

サラリーマンが副業で脱税になるケースとは?

今の時代、

『サラリーマンが副業を行うこと』

が増えてきました。

 

ですが、本業でも副業でも、

『働いて収入を得る』

ことになります。

その場合、

『収入に応じた税金』

が、かかるため、知識は必ず必要になるのです。

 

これを知っているかどうかで、

不注意で脱税になる可能性が減る

ことになります。

 

給与所得の場合には気を付ける

副業の中でも、

『本業と同じ給与所得』

の場合があると思います。

 

例えば、

『アルバイト収入』

などが、給与所得の代表格です。

この場合、税金は、

『本業の所得と合算した金額』

で決まるのが、一般的でしょう。

 

そして、税金額を決定するために必要な手続きである、

『確定申告』

は、自分で行わなければなりません。

 

また、これは聞いたことがあるかもしれませんが、

『副業所得が20万円以下の場合、確定申告が不要』

という決まりがあります。

ですが、給与所得の場合、

『この決まりに当てはまらない』

ため、所得に関わらず税金がかかってしまうのです。

 

つまり、

  • 給与所得は、問答無用で確定申告が必要になる
  • 20万円以下の所得でも関係ない

ことを、覚えておかなければなりません。

 

これを把握しないまま、確定申告をしなければ、

『脱税』

となってしまうでしょう。

 

所得が、本当に『20万円以下』となっているか

先程も紹介したように、副業の場合、

『所得が20万円以下の場合、確定申告が不要となる』

という決まりがあります。

 

給与所得以外で、サラリーマンが貰う所得としては、

『雑所得』

が、ほとんどなので、確定申告が免除される人も出てくるでしょう。

 

ですが、このとき注意しなければならないのは、

『本当に所得が20万円以下なのか』

ということです。

副業所得は、

『単に稼いだお金がそのまま所得になるわけではない』

ことを知っているでしょうか?

 

まず、お金を得るためにかかった、

『経費』

を、所得から差し引かなければなりません。

また、人によっては、

『控除申請が出来る』

こともあり、所得額から差し引いて計算する必要があるのです。

 

もし、元々の所得が、20万円であれば、経費や控除額で20万円を下回り、

確定申告は必要なくなります。

ですが、所得が、60万円くらいになると、

経費や控除では20万円を下回らなくなることもあります。

 

その為、1年間の収支を計算しなければならないのですが、

『計算ミスで、確定申告が不要となっている場合』

は、脱税となってしまいます。

これは、稼ぎ出したころに起こりやすことなのですが、

  • 帳簿を雑につけていた
  • 計算ソフトを使っていなかった

など、確定申告に対する準備不足が原因となっているのです。

 

税金を支払わなければ、脱税になるだけでなく、

『追徴課税』

が課せられます。

これは、延滞料のようなものであり、

『余分に税金を支払わなければならない』

ということになります。

 

副業で稼ぎたいと思っていたはずなのに、

『逆にお金がかかる』

のは、本末転倒なので、しっかりと計算をしておくようにしましょう。

 

『架空赤字』で脱税になることがある

これは、かなり悪質なケースですが、

『赤字が出ていないのに、赤字で確定申告をする』

ことで、脱税になることもあります。

 

副業で、赤字運営の場合、

『本業の給与所得から金額を差し引く』

ことが出来ます。

つまり、

『所得による税金が少なくなる』

ということですね。

 

このとき、本当に赤字であれば良いのですが、稀に、

『税金を少しでも減らそうとして、虚偽の赤字申告をする人』

がいるのです。

 

この場合、支払うべき税金を支払っていないため、当然、

『脱税』

となります。

また、

『所得税法違反』

となり、逮捕されることもあるのです。

 

確かに、この方法であれば、

『税金額を減らすことが出来る』

でしょう。

ですが、それ以上の損失を被ることになるのは明白です。

このような方法は、絶対に行わないようにしてください。

副業でピンチ

サラリーマンが副業する場合の注意点まとめ【手続きを怠るとヤバイ】

2018年12月29日

脱税は犯罪

犯罪

うっかりミスから、悪質なものまで、

『脱税』

に関するケースは様々なものがあります。

 

ここで、考えてもらいたいことは、

『脱税は、立派な犯罪』

だということです。

 

たまに、

「わざとじゃないから、許してくれても良いじゃないか」

と言っている人を見かけます。

ですが、これを許してしまうと、

『わざとでなければ、他の犯罪を許す』

ことにも繋がりかねないのです。

 

決まりとは、

『守られてこそ、その力を発揮する』

ものです。

 

決められた範囲内で、

『やるべきことをしっかりとやる』

ようにしなければ、副業で痛い目を見ることになるかもしれません。

必ず決まりを守っていきましょう。

土日

サラリーマンの副業として土日に稼げるビジネスを紹介!

2018年12月28日

まとめ

今回のまとめとしては、

『脱税は、立派な犯罪であることを認識する』

ということが言えるでしょう。

 

どんな理由があるとしても、

『副業をやっている以上、納税義務は発生する』

ので、決まりは確実に守らなければなりません。

脱税は、最悪、逮捕されることもあるので、

『知らなかったでは済まされない』

ことなのです。

 

ですが、

『決まりを守っていれば、問題ない』

とも言えます。

脱税にならないためにも、しっかりと準備することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください