サラリーマンの副業収入にかかる所得税をチェック!税率は同じ?

所得税

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして働きながら、

『副業を行っている人』

も多くなってきました。

 

ある程度、副業で稼げる人もいると思いますが、ここで問題になるのが、

『所得税』

となるでしょう。

自分の所得によって、

『税率も変化する』

ため、計算が難しいと感じることもあると思います。

 

そこで、今回は、

『副業収入にかかる所得税』

について紹介します。

興味のある人は、参考にしてみてください。

 

サラリーマンの副業収入にかかる所得税はどれくらい?

本業や副業に関わらず、

『所得がある人には所得税がかかる』

ようになっています。

 

所得税率は、

『自分の収入にも関わってくる』

ので、正確に知っておきたいところですよね。

まずは、所得税率について紹介していきます。

 

所得税を知るには、『累進課税制度』を知ること

まず、所得税を計算する前提として、

『累進課税制度』

を知っておかなければなりません。

 

累進課税制度は、

所得が増えるほどに税率が上がる

ものです。

言うなれば、

「お金を多く稼ぐ人は、もっと税金を納めなさい」

ということですね。

ちなみに、所得額は、

『収入から控除額を引いた額』

となるので、間違えないようにしましょう。

 

税率については、

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円より上~330万円以下 10% 97,500円
330万円より上~695万円以下 20% 427,500円
695万円より上~900万円以下 23% 636,000円
900万円より上~1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円より上~4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円より上 45% 4,796,000円

となっています。

 

少額を稼ぐために副業をやるなら、

『税率が少なくて済む』

ので、そこまで多くの税金はかかりません。

ですが、大きな金額を稼ぐつもりならば、

『税率が跳ね上がる』

ため、少し注意しておかなければならないでしょう。

 

税率がかかる金額を知っておくこと

先程紹介したように、

『所得によって、税率が変わる』

ようになっているので、人によっては税金額がかなり違ってきます。

 

極端な話を言うと、

『1円でも規定金額を超えてしまう』

と、税率が跳ね上がるということですね。

 

その為、

どの金額で所得税が変わるのかを知っておく

ことが必要になります。

そうでなければ、

『無駄に税金を支払うことにもなりかねない』

のです。

 

所得による税率の変化は、

『かなりシビア』

なので、ギリギリの金額でも減税はしてもらえません。

融通が利かないと思うかもしれませんが、

『決まりを守る』

ことが出来なければ、例外がどんどん出るので、仕方のないことではあります。

 

少しでも、節税したいのであれば、

『所得金額の把握』

は、しっかりと行っておきましょう。

 

所得額は、給与所得も考えなければならない

所得にかかる所得税の税率について、紹介しました。

ですが、サラリーマンの場合、

『副業の所得を調べるだけでは足りない』

ことを知っておかなければならないでしょう。

 

副業の所得額を、自分で計算するのはもちろんですが、

『本業の所得額』

も、一緒に調べなければ、正確な税率が出せません。

 

サラリーマンは、本業の会社で、

『年末調整』

を受けています。

年末調整が終わると、

『源泉徴収票』

というものを貰えると思いますが、これが本業所得の証明になるのです。

 

所得税を納めるために行う、

『確定申告』

では、源泉徴収票と副業所得を合わせた額を申告します。

その為、

『副業所得が少なくても、本業所得が多ければ税率が変化することもある』

ということですね。

 

先程紹介した所得税率の表を見ながら、

『本業と副業の合計所得額』

が、どれくらいなのかを確認しておきましょう。

確定申告

サラリーマンが副業で確定申告する時の必要書類を一覧チェック!

2018年12月27日

所得税を抑えるためには、副業収入をコントロールする

万札

所得税の決まりについて、紹介してきました。

ここまでを見ると、

『所得税は、本業と副業の所得合計によって変化する』

ことが分かると思います。

 

自分の所得額を確認していなければ、

『税率が跳ね上がる可能性』

もあるため、注意しなければなりません。

 

ですが、別の視点で考えれば、

『副業収入をコントロールすることで、税率もコントロールできる』

ことを知っておいた方が良いでしょう。

 

本業で貰っている収入は、

『年間でどれくらいあるか、ある程度判明している』

ため、計算がとてもやりやすいものです。

これが分かっていれば、

副業収入の額次第で、所得額も分かる

ようになります。

 

後は、先程の表を見て、

『副業収入での所得増加がどれくらいになるのか』

を計算すれば、ギリギリのところで税率を抑えることも可能となります。

 

所得税の税率は、

『1つ上に上がれば、金額にかなりの差が出てくる』

ものです。

1円超えただけで、それ以上の損失を被るのは、

『あまり賢い考え方』

とは言えませんよね。

 

「税率なんて気にしない」というのであれば、話は別ですが、

『誰しも、お得に収入を得たい』

と考えると思います。

あえて、副業収入を抑えることで、

『税率が上がるのを防ぐ』

ことも出来るようになっており、実際にそうしている人も多いです。

 

税率を少しでも抑えたいのであれば、

『副業収入のコントロール』

をしっかりやっておきましょう。

サラリーマンの節税

サラリーマンの年収と税金をチェック!確定申告でお得になる?

2018年12月6日

まとめ

今回のまとめとしては、

『所得税は、副業だけでなく本業所得も計算しておかなければならない』

ということが言えるでしょう。

 

所得税は、1年間の合計所得を計算するので、

『副業所得を出すだけでは足りない』

ことを覚えておいてください。

これが出来ないと、後々の手続きが面倒になる可能性があります。

 

また、副業収入をコントロールすることで、

『節税出来る可能性もある』

ことを考慮しておけば、余計な税金を支払わずに済みますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください