サラリーマンの副業で会社の社会保険の保険料は上がる?

社会保険料

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして働きながら、

『副業で稼いでいる』

という人も増えてきました。

 

そんな中、ある疑問として、

「副業をやると、社会保険料は上がるのか?」

というものを、よく聞きます。

サラリーマンなら、必ず入っている社会保険ですが、

『支払い額が上がる』

のはキツイですよね。

 

そこで、今回は、

『副業によって社会保険料はどうなるのか』

について紹介します。

興味のある人は、参考にしてみてください。

 

サラリーマンの副業次第で、社会保険料は変わってくる?

サラリーマンが副業をしていると、

『雇用されるか個人で行うか』

で分かれてくると思います。

 

雇用される仕事は、

『アルバイトやパート』

が、ほとんどだと思います。

個人では、

『不動産投資』

など、どこにも雇用されない仕事となるでしょう。

 

そして、これこそが、

『社会保険料が増えるかどうかの境目』

となっているのです。

 

雇用されると、社会保険料が高くなる可能性がある

副業でも、アルバイトやパートなら、

『社会保険に加入できる』

ようになります。

 

そのための加入条件があるのですが、以下のようになっています。

社会保険の加入条件
  1. 1週間あたりの決まった労働時間が20時間以上
  2. 1ヶ月あたりの決まった賃金が88,000円以上
  3. 雇用期間の見込みが1年以上
  4. 学生でない
  5. 従業員が501人以上の会社(社会保険対象の人に限る)
  6. 従業員500人以下で、社会保険に加入することを労使で合意している

サラリーマンであれば、

『上記の条件に当てはまらない』

という人も出てくると思います。

ですが、副業に力を入れている人なら、条件に合致する人もいるでしょう。

 

副業で社会保険に加入すると、

『本業の社会保険料に副業分が追加される』

ため、保険料は増えることになります。

 

個人なら、社会保険は関係なくなる

サラリーマンにおける社会保険は、あくまでも、

『雇用される側が受けられる制度』

となります。

 

そのため、副業で社会保険料を増やしたくないのであれば、

『単発の仕事』

を行えば問題はなくなります。

 

単発の仕事というのは、いわゆる、

『雑所得や事業所得』

と呼ばれるものであり、フリーランスであれば社会保険に加入することが出来ます。

 

ですが、サラリーマンの場合、

『本業の社会保険制度しか利用できない』

ため、実質的な保険料が上がることはありません。

会社の保険料だけを支払えば良いので、当たり前といえば当たり前ですね。

 

副業で社会保険料を上げたくないという人は、

『個人で仕事をする』

ように心がけてみてください。

 

副業を法人化させた場合も、社会保険料が増える

副業で行っている事業を、

『法人化』

させたいと考えている人もいるでしょう。

 

ですが、法人化すると、

『社会保険料が増える』

ということになるのです。

 

個人事業なら、社会保険の加入はありませんが、

『法人化することにより、本業と副業、2つの会社に所属する』

ことになり、この場合、

『2つの社会保険に加入している』

ようになります。

 

考え方としては、アルバイトやパートと同じですが、違いがあるとすれば、

『役員報酬を受けているかどうか』

となるでしょう。

 

先程紹介した社会保険の加入条件は当てはまらず、

『必ず社会保険に加入しなければならない』

ので、社会保険料は確実に増えてしまいます。

 

社会保険料が増えるリスクと、

『法人化で得られるメリット』

を考えて、法人化するかどうかを決めてみてください。

所得税

サラリーマンの副業収入にかかる所得税をチェック!税率は同じ?

2019年1月1日

社会保険料が上がらない副業は?

パソコン

社会保険料が上がらないようにするには、

『副業で社会保険に加入しないようにする』

ということが分かりました。

 

そして、社会保険に加入しない仕事と言えば、

『個人で行う仕事』

ということも分かったと思います。

 

そこで、ここからは、

『社会保険料が上がらない副業』

についても紹介していきます。

 

ブログ収入

インターネットが発達してから、よく行われている副業に、

『ブログ』

があります。

 

ブログと言えば、

『自分の好きなことを書くだけ』

と思っている人も多いでしょう。

 

ですが、上手く閲覧数を増やしていくことで、

『かなりの収入を得ることが出来る』

ものとなっています。

収入を上げるには、

『広告収入』

を得ることが重要になるので、少し知識と経験が必要にはなってきます。

 

完全に個人で行っているので、

『新たに社会保険に入る必要もない』

ため、社会保険料が増えることもありません。

上手く行けば、かなりの高収入を狙えるため、おすすめです。

 

クラウドソーシング

個人や企業が依頼した仕事を請け負う副業です。

あくまで、

『個人で行う仕事』

のため、社会保険が関係することはありません。

 

また、自分のスキルや取り組み方によって、

『収入がかなり伸びる』

ため、サラリーマンの副業としてはおすすめです。

 

せどり・転売

商売の基本である、

『安く仕入れて高く買う』

ことに沿って行われている、せどり・転売もおすすめです。

個人で取引をするだけなので、社会保険が関係することはありません。

 

仕組みが単純で、スキマ時間に活動できるため、

『サラリーマンの副業としてはおすすめ』

だと言えます。

気軽に副業で商売をしたい人は、ぜひどうぞ。

失敗

サラリーマンの副業が失敗する理由や原因を考察!成功するには?

2019年1月1日

まとめ

今回のまとめとしては、

『副業は、社会保険に入らないものを選ぶ』

ということが言えるでしょう。

 

本業の社会保険は、

『会社に所属するなら、加入すべきもの』

であるため、必ず社会保険料が発生します。

これを増やさないためには、

『副業で社会保険に入らない』

ことが、もっとも重要になると言えます。

 

個人で副業を行い、法人化などをしなければ、

『社会保険料が増えることはない』

ため、この点を考えてから、副業を行うようにしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください