サラリーマンが副業で源泉徴収を必要とする理由をチェック!

源泉徴収

こんにちは。SOです。

サラリーマンが働きながら、

『副業で稼いでいる』

ことが増えてきました。

 

副業には、様々な種類がありますが、気になることとして、

『源泉徴収はどうなっているのか』

という疑問を持っている人もいるでしょう。

通常、会社などで働いている人の所得から源泉徴収をされていますが、

『副業は、全てが対象になっているわけではない』

ので、少し分かりずらいと思います。

 

そこで、今回は、

『源泉徴収が必要な副業とその理由』

について紹介します。

興味のある人は、参考にしてみてください。

 

副業で源泉徴収を必要とするものは、それなりに多い

サラリーマンなら、

『月々の所得から、源泉徴収されている』

ことが普通だと思います。

 

そもそも、源泉徴収は、

『給与を支払う側が計算した金額を、所得税として徴収する』

ことになります。

ほとんどの場合、少し多めに徴収されているので、

『年末調整』

で、差額が還付されています。

そうして年末にお金が戻ってきた経験がある人も、多いのではないでしょうか。

 

そして、この源泉徴収は、

『副業でも行われている』

ことが多いものとなっています。

 

アルバイト・パートは、源泉徴収を行っているのが普通

副業で、

『アルバイト・パート』

をやっている人は多いと思います。

週末だけ働く人、仕事が終わってから働く人などが多いですね。

 

そして、これらの仕事は、

『給与所得』

に該当しているのです。

 

給与所得に該当している仕事は、

『源泉徴収』

が義務付けられています。

これは、

『源泉徴収制度』

というものが関係していて、誰もが享受していることと言えるでしょう。

 

ですが、副業の中には、

『源泉徴収を必要としない』

仕事もあります。

これに関しては、

『申告納税制度』

と呼ばれ、所得を自己申告してから納税する方法です。

個人で確定申告している人は、これに該当していますね。

 

ですが、個人で申告する場合、

『所得をごまかして、税金を支払わない人』

もいるので、たまにニュースなどで問題になっているのです。

会社での源泉徴収は、このような、

『税金未納を防ぐ』

意味でも、必要なものとなります。

 

源泉徴収は、

『給与支払いをしている会社が、所得者に代わって納税する』

ものです。

その為、

『個人のような納税漏れが起きない』

ため、各会社に義務付けられているということなのです。

 

副業で行うアルバイトやパートも、

『給与所得』

を採用しているため、源泉徴収義務からは逃れられないということですね。

 

源泉徴収が義務づけられている副業は、他にも存在する

源泉徴収は、

『報酬を支払う側が、所得者に代わって納税する』

ことだと紹介しました。

 

この制度は、

『副業でも会社に所属している人なら、適用される』

ものとなっています。

ですが、中には、

『源泉徴収の対象となっているかどうか分かりづらい仕事』

も存在しているのです。

 

副業で、源泉徴収の対象となるものとしては、

  • 原稿料
  • 講演料
  • 弁護士
  • 公認会計士
  • 司法書士
  • その他、特定の資格を持って仕事をしている人
  • 社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬
  • 芸能人
  • モデル
  • ホステス
  • コンパニオン
  • キャバレー
  • 馬主に対する賞金

などがあります。

 

資格を取るのが難しいものもあれば、簡単に始められる仕事もあるため、

知らずに源泉徴収対象になっている

ことも多いでしょう。

 

副業で、源泉徴収されている場合は、

『本業の所得と合算される』

ため、これで副業ばれを起こす人もいるようです。

知らずにいると、副業がばれて大変なことになるおそれもあるため、

『事前に確認してから仕事をする』

ようにしてくださいね。

違法

サラリーマンの副業は合法?それとも違法?法律をチェック!

2019年1月8日

サラリーマンが副業で源泉徴収される場合は対策を!

怒りの男性

先程も紹介していますが、

『サラリーマンが副業で源泉徴収されれば、本業に副業がばれる』

という問題が起きることになります。

 

この場合、

『会社から副業の許可を得ている』

のであれば特に問題はないでしょう。

 

ですが、副業が解禁されてきたとはいえ、

『日本の企業は、副業に対して否定的』

という風潮があります。

会社に副業を認めさせるには、本業に与える成果を説明することが重要

会社規則で、副業が禁止されていたとしても、

『副業が本業に与える成果』

を説明できれば、会社から副業を認められることもあります。

 

特に、源泉徴収対象になっている、

  • 税理士
  • 公認会計士
  • 司法書士

などは、会社の経営に好影響を与えることに繋がります。

 

これらの仕事は、

『会社経営に直接関わってくる』

ものなのです。

 

どれほどの影響を与えるかは分かりませんが、

『不利益になる』

ということはないと言えます。

どのみち、これらの仕事を副業として行いたいなら、

『会社から認めてもらうしかない』

ため、ダメ元でも試してみてください。

 

源泉徴収に怯えないためには、副業公認の仕事につくべき

源泉徴収が義務付けられている副業を行っている限り、

『本業に副業がバレる確率が高くなる』

ことは免れません。

 

それなら、

『最初から、副業公認の仕事に就く』

方が、ストレスなく仕事をすることが出来ます。

 

源泉徴収を必要としない仕事をすれば良いと思うかもしれませんが、

『報酬に差が出来やすい』

というデメリットもあります。

 

源泉徴収が義務づけられている仕事は、

『総じて報酬が高い傾向』

となっているので、稼ぐにはもってこいとなっているのです。

本業にプラスして、

『さらに高い収入を目指したい』

なら、副業公認の就職先を探してみることをおすすめします。

最強のサイト

サラリーマンでも副業ができる最強のサイトを紹介!おすすめは?

2019年1月8日

まとめ

今回のまとめとしては、

『源泉徴収される副業は、あらかじめ決められている』

ということが言えるでしょう。

 

源泉徴収は、

『本業・副業関係なく、一定の職業で定められている』

ものです。

自分では源泉徴収されていないと思っていても、

『実は必要だった』

ことが判明して、本業の会社に副業がばれてしまうことも多いのです。

 

会社に副業の許可を貰っていれば問題ないですが、

『本業に支障を出したくない』

という人は、最初に確認してから副業を行うようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください