サラリーマンの副業として居酒屋でアルバイト!飲食店での働き方とは?

居酒屋

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして働きながら、

『副業で稼いでいる人』

が増えてきました。

 

様々な副業がありますが、

『アルバイトで副業をしている』

という人もいるのではないでしょうか。

そして、働きやすいアルバイトとして、

『居酒屋』

を選ぶ人もいるのです。

 

そこで、今回は、

『サラリーマンが居酒屋で働く方法』

について紹介します。

興味のある人は、参考にしてみてください。

 

サラリーマンが居酒屋で働くのは厳しい

まず、最初に結論から述べてしまうと、

『サラリーマンが居酒屋で働くのは厳しい』

と言えます。

 

これは、

『本業の会社が副業を禁止していることが多い』

からであり、なかなか許可が下りないからです。

許可を貰わなければ、

『会社規則に違反する』

ため、最悪クビになることもあり、かなりリスクが大きい仕事になります。

 

さらに、副業で居酒屋を選ぶということは、

『会社にバレやすい』

ということが、他の仕事より多くなってしまうのです。

 

居酒屋は顔バレが起きやすい

サラリーマンは、仕事が終わると、

『飲み屋に行く』

という人が多いです。

 

その為、居酒屋で副業をしていると、

『知り合いに出会ってしまう確率が多くなる』

のです。

 

このとき、副業について黙っておいてくれる人なら良いですが、

『会社の上司』

などと出会った場合、言い逃れが出来ない状況になるでしょう。

また、会社の知り合いが来店しそうにないお店でも、

『誰かに目撃される可能性』

は、どうしても残ります。

 

自分が見られたと思っていなくても、

『いつの間にかバレて、会社に告げ口される』

ことで、本業自体が危うくなってしまいます。

居酒屋で副業をするということは、

『顔バレのリスクを伴う』

ことを覚悟しておかなければならないということですね。

 

給与形態によって、バレる

居酒屋などでアルバイトをすると、

『給与』

という形で報酬を貰うようになります。

 

副業で、給与を貰うということは、

『確定申告が必ず発生する』

ということでもあります。

確定申告をすれば、

『本業所得にかかる税金額に対し、副業の報酬が上乗せされる』

ことを意味しており、本業の会社に通知がいくようになっています。

 

会社の経理担当は、

『支払うべき税金が増えれば、すぐに分かる』

ため、副業の疑いを持たれることになるでしょう。

 

1度マークされれば、

『あっという間に副業がバレる』

ため、居酒屋の報酬支払いには気を付けなければならないのです。

これを防ぐためには、

『金銭を手渡しにしてもらう』

など、給与以外で貰うための交渉を、居酒屋の店主としなければなりません。

 

報酬の支払い方法を変更するのを渋る人も多いので、

『サラリーマンが居酒屋で働くのは、リスクが高い』

ということですね。

求人

サラリーマンの副業を求人で探す方法を紹介!おすすめの求人広告はどれ?

2019年1月12日

会社から副業の許可を貰って、飲食店で働く場合は?

OKの女性

ここまでは、

『本業の会社に、居酒屋で働いていることがバレる可能性が高い』

ことを紹介しました。

 

ですが、これはあくまでも、

『副業の許可を会社が出していない場合』

となります。

 

現在は、少しずつですが、

『副業を認める会社』

も増えているため、居酒屋で働いても問題ないことが多くなっています。

その場合、居酒屋以外の飲食店でも十分働けるため、ここからは、

『サラリーマンなら、飲食店でどうやって働いた方が良いか』

について紹介していきます。

 

時間帯は、出来るだけ休日を狙う

飲食店で働くといっても、

『あくまでも副業として働く』

ということを念頭に置いておかなければなりません。

 

サラリーマンの仕事は、ほとんどの場合、

『仕事が終われば疲れ果てている』

ものです。

それから、飲食店で副業をするとなれば、

『疲労の蓄積がかなり大きくなる』

ため、本業に支障が出てくることになるでしょう。

 

たまに、仕事終わりで飲食店勤めをしている人がいますが、

『若い人がほとんど』

となっています。

若ければ、

『多少の無理の出来る』

のですが、年齢を重ねるごとにきつくなるのは目に見えています。

 

その為、飲食店で働くときは、

『本業が休みの日』

を狙って、無理なく働くことをおすすめします。

 

店があまり大きくない飲食店を選ぶ

サラリーマンとして働きながら、

『飲食店で副業をする』

ことは、それなりに疲労が溜まりやすくなります。

 

そんなときは、

『なるべく大きくない飲食店を選ぶ』

ようにしましょう。

これだけでも、

『疲労をかなり軽減して働くことが出来る』

ようになります。

 

大きい店になると、

  • どこに何があるのかが覚えにくい
  • 注文を取りに行く手間がかかる
  • トラブルが起きたとき、対処しにくい

などのデメリットが出てきます。

また、大きい店ほど、

『働く人数が多く、人間関係が面倒くさくなる』

ため、ストレスが溜まりやすくなる傾向があるのです。

 

サラリーマンでの仕事さえ、

『人間関係に苦労している人』

は多いでしょう。

それに加えて、さらに仕事による人間関係を増やしすぎると、

『肉体的・精神的疲労が溜まりやすくなる』

ため、働くことが嫌になる可能性もあります。

 

仕事を行う上で、最も被害を受けるのは、

『人間関係によるストレス』

なので、あまく見ていると大変な目に遭うかもしれません。

出来るだけ、少人数で安心して回せる飲食店を探すようにしましょう。

 

報酬だけを見ないこと

飲食店で働く以外にも当てはまりますが、

『報酬だけを見て、副業先を選ばない』

ようにすることが重要です。

 

まずは、実際に店の状況を確認して、

『安全に働けるかどうか』

を判断するようにしましょう。

 

飲食店を利用すれば、

『その店がどんな環境なのか』

を、ある程度知ることができます。

また、知り合いやネットなどで、

『実際に働いたことのある人から意見を聞く』

ことも重要になってきます。

 

報酬だけ良くても、

『労働環境が劣悪』

な場合もあるので、しっかりと確認してから申し込むようにしましょう。

ebay

サラリーマンの副業としてebayで稼ぐ方法をチェック!いくら稼げる?

2019年1月12日

まとめ

今回のまとめとしては、

『飲食店で副業をするなら、労働環境を良く確認しておくことが重要』

ということが言えるでしょう。

 

会社から許可を貰うことを前提として働かなければ、

『飲食店での仕事はすぐにバレる』

ため、無許可ではかなりのリスクを負うことになります。

また、許可を貰えたとしても、

『労働環境をよく確認する』

ようにしなければ、ストレスと過労で本業の仕事が出来なくなることもあります。

 

飲食店は、かなりハードな面がある仕事なので、

『少しでも自分の負担が減るようにする』

ことを、心掛けてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください