サラリーマンの副業で税金がかからないのはいくらまで?その働き方を紹介

税金

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして働きながら、

『副業で稼いでいる人』

も多くなってきました。

 

様々な副業で稼ぐことができると思いますが、気になってくるのは、

『税金問題』

でしょう。

サラリーマンの本業とは別に所得を得ているので、

『税金が追加でかかってくる』

のは、簡単に想像できるはずです。

ですが、副業の場合、

『税金がかかってくる条件』

が存在することを知っているでしょうか。

 

そこで、今回は、

『副業で税金がかかってくる金額』

について紹介します。

興味のある人は、参考にしてみてください。

 

サラリーマンの副業で、税金がかかる金額はいくらまで?

サラリーマンの副業は、本業と同じで、

『所得が発生する』

ものです。

 

そして、所得が発生するということは、

『税金が発生する』

ことに繋がるため、誰もが気になるところとなります。

 

ですが、サラリーマンの副業という点で考えると、

『税金がかからなくなる金額』

というものが決められているのです。

 

所得を抑えれば、副業における税金がかからなくなる

サラリーマンが本業で所得を得る場合、

『給与』

という形となっており、これは誰でも知っていることだと思います。

 

そして、給与を貰っている人が、

別の箇所から所得を得ている

場合に、副業の税金がかからないことがあるのです。

また、給与に加えて、

年末調整

を受けていることも条件となってきます。

 

これらの条件を満たしている場合、

『副業の所得が20万円以下であれば、確定申告が不要になる』

とされているのです。

これこそが、サラリーマンで税金がかからない根拠となっているのです。

もう少し正確に紹介すると、

『給与所得・退職所得以外の所得が20万円以下の場合、確定申告が不要になる』

というものになります。

 

退職所得は、あまりこの条件に当てはまらないので、

『給与所得で年末調整を受けている場合に、税金がかからなくなることがある』

と覚えておけば良いでしょう。

源泉徴収

サラリーマンが副業で源泉徴収を必要とする理由をチェック!

2019年1月8日

税金がかからないようにするためには、働き方を考える

書類

副業における、

『税金がかからなくなる条件』

について紹介しました。

 

この条件さえ守っていれば、

『副業における税金を気にする必要はない』

と言えます。

 

ですが、出来れば、

「税金がかかるギリギリの金額まで稼ぎたい」

と考える人もいるでしょう。

その場合は、

『どんなふうに働くか』

が重要になってくるのです。

月収1万5千円を稼ぐこと

副業で働きながら、

『税金をかからなくする』

ためには、所得のコントロールが必要になってきます。

 

所得20万円以下というのは、

年間所得が20万円以下

という意味なので、月に稼げる金額はそれなりに決まっています。

 

もし、1年間を通して、副業で稼ぐのであれば、

『月収1万5千円』

を目安にすると良いでしょう。

 

月収1万5千円を稼ぐようにすれば、

『年間18万円』

の稼ぎとなります。

これなら、20万円に限りなく近い金額になるので、後は、

『誤差を調整するだけ』

となり、計算も楽になるでしょう。

 

副業でこの金額を稼ぐことは、

『そこまで難しいことではない』

ため、本業に支障が出ることも、ほとんどありません。

 

普段の生活にプラス月収1万5千円が手に入れば、

『生活が楽になる』

ので、試してみることをおすすめします。

 

経費を考える

副業によっては、

『経費を計上する』

ことも考えるようにしておきましょう。

 

経費とは、

『副業を行うために必要になった費用』

のことです。

これは、

『税務署が経費かどうかを判断する』

ため、絶対とは言えませんが、認められれば所得額から差し引くことが出来るのです。

 

例を挙げると、

年間21万円の所得

所得を得るためにかけた諸経費が2万円

経費と認められれば、21万円から諸経費2万円を差し引ける

諸経費を差し引いた金額が、『19万円』

確定申告が不要である20万円以下になるため、税金がかからなくなる

ということになります。

 

経費と認められるには、

  • 副業を行う上で、必ず必要なお金であること
  • 費用がかかったことを証明する領収証等

など、税務署に、

『経費を確実に認めさせるの準備』

が必要になります。

 

これだけあれば、ほとんどの場合は経費と認められるのですが、

『最終的に判断するのは税務署』

なので、絶対とは言えません。

 

最も確実なのは、

『税理士に聞いたり、任せる』

ことですが、お金が少しかかってきます。

 

どちらにしても、

『経費として認められるための準備』

をすることが、税金がかからないようにするコツとなります。

経費

サラリーマンの副業収入を経費として節税するおすすめの方法を紹介

2019年1月8日

所得に限らず、税金がかかる場合に気を付ける

税金

所得のコントロールや経費の確認で、

『税金をかからないように出来る』

ことを紹介しました。

ですが、ここで気を付けておかなければならないことがあります。

 

それは、

『副業でも、所得額に限らず税金がかかる場合がある』

というものです。

 

先程紹介した、

『20万円以下の所得なら、確定申告が不要』

という内容には、ある条件がありました。

それが、

給与所得・退職金所得以外

となります。

 

その為、副業の中でも、

『アルバイトやパートなど、給与で報酬を支払っている場合』

には、どうしても税金がかかってしまうということです。

退職金所得については、今回は関係ないので考えなくて大丈夫です。

 

つまり、

副業の所得区分を確認しておかなければ、税金がかかってしまう

ということですね。

また、厳密に言うと、

『所得税はかからなくても、住民税は追加でかかる』

ようになっているため、完全に税金がかからないことはありません。

 

住民税は仕方ないとしても、

『所得税がかかるかどうか』

は、かなり重要な問題となってきます。

副業を始める前に、

『自分の所得がどうなっているか』

を、しっかりと確認しておくようにしましょう。

求人

サラリーマンの副業を求人で探す方法を紹介!おすすめの求人広告はどれ?

2019年1月12日

まとめ

今回のまとめとしては、

『税金がかからないようにするには、所得の計算と種類の確認が必要になる』

ということが言えるでしょう。

 

税金に関しては、

『副業を行う上で、切っても切り離せない問題』

となっています。

そして、少しでも節税するために、

『自分の所得がどうなっているのかを把握する』

ことが必要になります。

 

これが出来れば、サラリーマンとして、

『節税しながら、副業で効果的に収入を得られる』

ようになるので、必ず所得の確認を行うようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください