サラリーマンの副業として農業で稼ぐ方法を紹介!いくら稼げる?

農業

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして働きながら、

『副業で稼いでいる人』

が増えてきました。

 

様々な仕事があり、

『自分に適した副業』

を選んで稼いでいるようですね。

そんな中、

『農業』

を副業にしている人も出てきました。

 

そこで、今回は、

『サラリーマンが副業で農業をして稼ぐ方法』

について紹介します。

興味のある人は、参考にしてみてください。

 

サラリーマンが副業で農業をして稼ぐ方法とは?

農業は、

『遥か昔から行われている伝統的な仕事』

です。

日々、様々な物を食べられるのも農業のおかげですよね。

 

人の生活から切っても切り離せない農業ですが、

『副業として始める』

には、なかなか敷居が高い仕事と言えるでしょう。

ですが、上手く計画すれば、

『農業でも副業として稼ぐことが出来る』

ようになります。

 

副業における農業は、『稼ぐことがメイン』

一般の人が、農業と言えば、

『趣味の範囲』

で考えていることが多いです。

 

ですが、副業となれば、

『稼げるような戦略』

を立てていく必要があります。

そして、農業というからには、

『作物を育てていく』

ことになるので、育てる種類や作業時間の確保が重要となってくるでしょう。

 

農家で育てた作物は、

『売れやすいものとそうでないもの』

が存在します。

売れない作物を育てても稼ぐことはできません。

また、ただ作物を育てても、

『他の野菜と比べて、何が良いのか』

をはっきりさせなければ、価値が上がることは、ほとんどありません。

 

このようなことを全て考えていきながら、

『どうやったら農業で稼げるのか』

を考えなければ、とても副業では稼げないのです。

ですが、副業農家でも、

年収100~200万円

を稼ぐ人もいたりします。

それは、上手く戦略を立てれば稼げることを証明しています。

もちろん、小さく稼ぐことも出来るので、

『副業でも十分稼げる』

ようになります。

 

まずは、

『どんな農業をするのか』

をしっかりと考えていきましょう。

 

農場を借りることから始める

農業をするなら、何よりも先に、

『農場を確保する』

ことが重要になります。

 

いくら種があっても、

『それを育てる土壌』

がなければ、農業ではやっていけません。

ですが、農場は、

『個人で購入するには、費用がかなりかかる』

ので、あまり現実的ではないものです。

 

そこで、重要になるのが、

『人から農場を借りる』

ということになります。

 

少し調べれば、

『農場を間借りさせてくれる農家』

は、それなりに多く見つけることが出来ます。

というのも、農家は、

『人手不足が深刻化している』

ため、何とか農業をする人を増やそうと躍起になっているからなのです。

 

農業が活発になれば、

『後継者問題』

も解決するので、農家も本気というわけですね。

また、農場を間借り出来れば、

『月々の費用を支払うだけ』

で、管理を任せることも出来ます。

 

サラリーマンとして働いていると、

『週末しか農業が出来ない』

などの問題が出てくるでしょう。

その間の管理なども、

『ある程度、農家の人に任せることが出来る』

ため、農場の間借りは、おすすめの方法と言えます。

 

育てやすい作物を育てる

『売れる作物を育てた方が良い』

と紹介しましたが、

『栽培が難しい作物』

では、あまり意味がありません。

 

副業で農家を始めたばかりの人は、

『まだまだ作物を育てる知識と経験が足りない』

状態です。

その状態で、売れるからといって育てるのが難しい作物を育てても、

『上手く育てられずに、商売が成り立たない』

という話は、よくあることです。

 

このような事態を防ぐためにも、

『初心者でも簡単に育てられる作物』

を選ぶようにしてみてください。

 

売れやすく、初心者でも育てやすい作物としては、

  • みょうが
  • にんにく

などがおすすめですよ。

 

販路を作ることが重要

農業で稼ぐために、

『育てた作物をどうやって販売するのか』

は、とても重要なことになってきます。

 

いくら良い作物を育てても、

売れなければ、収入はゼロ

のため、自分の食料にするしかありません。

それでは意味がありませんよね。

 

その為、作物を育てると同時に、

『自分の育てた作物を買ってくれる人を探す』

ようにしましょう。

ですが、この場合も、

『ただ買ってくださいとお願いするだけではダメ』

です。

 

人が何かを購入するときは、

買うだけに見合った対価があるかどうか

を考えています。

作物も同じで、

  • 他より品質がよい
  • 見た目が良い
  • 量産がある程度出来る

など、相手にとってメリットになることが重要なのです。

 

また、メリットが少なくても、

『作物を買ってくれる人』

を見つけることも重要です。

とくに、道の駅などは、

『積極的に作物を引き取ってくれる』

ことが多いので、育てた作物を持っていくのもおすすめです。

ここでも、出来れば作物のメリットを説明できれば良いです。

 

これらのことからも、農業で稼ぐためには、

『販路を確保する』

ことが重要だということですね。

自分の育てた作物を必要としてくれる場所を、見つけておくようにしましょう。

 

まずは、作物を育てる経験を積む

副業で、農業をするなら、

『作物を育てる経験』

を、まずは積んでいきましょう。

 

そして、経験を積むには、

『詳しい人に教わる』

ことが、最も近道となります。

 

先程紹介した、農場を間借りする場合でも、

『そこで農家をしている人』

は、自分より経験豊富な人が多くいます。

その人々から、

  • どのように作物を育てるのか
  • 何を育てた方が良いのか
  • どれくらい作業をすれば良いのか

などを教えてもらうようにしましょう。

 

それが、自分の技術を高めることに繋がり、

『副業で大きく稼ぐ』

ことにも繋がっていくのです。

実力をつければ、様々な作物を育てることも夢ではありませんよ。

タクシードライバー

サラリーマンの副業としてタクシードライバーはいくら稼げる?

2019年1月13日

まとめ

今回のまとめとしては、

『農業で稼ぐためには、販売戦略と経験・技術が必要』

ということが言えるでしょう。

 

自給自足だけを求めるなら、問題ありませんが、

『副業として農業を行う』

なら、しっかりとした計画が必要です。

それが、

『農業で安定して稼ぐ方法』

に繋がっていきます。

 

また、サラリーマン生活で疲れた精神を、

『農業で癒す』

ことも出来るので、それを目的に挑戦してみるのも面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください