サラリーマンの副業で会社設立をするなら合同会社?株式会社?

合同会社

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして働きながら、

『副業で稼いでいる人』

が多くなってきました。

 

副業には、様々な仕事があり、

『それぞれに合った仕事』

をやっている人が、効率よく稼いでいます。

そんな中、副業で起業を考えている人もいるようですが、その際、

『合同会社・株式会社のどちらで設立するか』

で迷っている人もいるみたいです。

 

そこで、今回は、

『合同会社・株式会社の違い』

について紹介します。

会社設立の参考にしてみてください。

 

サラリーマンの副業に向いているのは、合同会社か株式会社か?

会社設立と言っても、サラリーマンとして働いている人は、

「あまり実感が湧かない」

という人も多いでしょう。

 

ですが、副業に取り組んでいる以上、

「収入を上げて、会社設立をしたい」

と考えるのは、当然の流れと言えます。

法人化すれば、

『節税対策』

に繋がりやすくなりますからね。

 

そして、ここで問題になってくるのが、

『会社の設立方法』

となってくるのです。

 

合同会社とは

そもそも、今回のテーマでもある、

『合同会社と株式会社』

がどんなものかを、まずは紹介していきます。

 

まず、合同会社ですが、一言で表現すると、

『出資者がそのまま役員になる会社』

となります。

 

会社の資本、つまりお金を用意するのが、

『役員自身』

となるので、ほとんど自腹経営ということです。

融資でお金を借りることは出来ますが、

『副業』

という枠で考えれば、あまり必要はないかもしれませんね。

 

その分、株式会社よりも、

設立費用が安くて済む

ため、サラリーマンの副業としては相性が良いと言えるでしょう。

 

合同会社の場合、

『法務局へ書類を提出するだけ』

で、会社設立の手続きが終了します。

費用も、

定款にかかる印紙代:40,000円

登録免許税:60,000円

合計:100,000円

となり、株式会社より、

『142,000円』

安くなります。

会社設立費用を安く抑えたいなら、合同会社が良いでしょう。

 

株式会社とは

次に、株式会社について紹介します。

株式会社とは、

『外部から出資金を得て、会社経営を行う会社』

となります。

 

よく聞くと思いますが、株式会社には、

『株』

と呼ばれるものがあり、それを第3者が購入すれば、購入費が会社の費用となります。

その資金を運用して、

『会社経営を進めていく』

というのが、株式会社の基本方針となるのです。

 

株式会社を設立するには、

  • 法務局への書類申請
  • 公証役場での定款認証手続き

が必要となります。

ちなみに、定款(ていかん)とは、

『基本規約』

を指すもので、必ず決めなければならないものとなります。

これらの手続きが完了すれば、株式会社が設立できるのですが、問題は、

会社設立費用が高い

ということです。

 

設立費用は、

定款にかかる印紙代:40,000円

公証人の手数料:50,000円

定款の原本:2,000円弱

登録免許税:150,000円

合計:242,000円

となっており、合同会社と比べても高くなっています。

 

また、手続きも、

『公証役場と法務局』

の2つで行うため、手間がかかっています。

 

これらの手続きと費用を見れば、

『副業で株式会社を設立するのは、少し考えた方が良い』

と言えるでしょう。

稼ぐ

サラリーマンが副業で月5万円のお小遣い稼ぎができるビジネスを紹介

2019年1月13日

副業で会社設立するなら、将来を決めること

合同会社

合同会社と株式会社の違いについて紹介しました。

これらを見れば、

『小規模で簡単に会社運営をするなら、合同会社』

と考える人もいるでしょう。

 

ですが、ここで重要になるのは、

『将来、副業をどのようにしていきたいのか』

ということになります。

 

小さく経営したいなら、合同会社

先程も紹介したように、合同会社は、

『少ない費用で簡単に会社設立が出来る』

ものとなっています。

 

その分、株式会社と違って、

『外部から出資を受けることが出来ない』

ため、運営資金は、自分で何とかする必要があります。

これまで、副業としてやってこれたのであれば、

『運営資金は、そこまで負担になるものではない』

ため、小さく会社経営するなら、合同会社にするべきでしょう。

 

その分、

『何か大きなことをする』

ためには、出資金に頼ることは出来ません。

資金調達には、一般でも行われている、

『融資』

を受けて、何とかお金を用意する必要があるのです。

 

ここが株式会社との違いでもあり、

会社を応援してくれる外部からの出資金がない

ため、資金調達が少し難しくなるのです。

それでも、

『副業の範囲で経営を行う』

なら、特に気にする必要はないと言えます。

 

独立して、大きなことをしたいなら株式会社

副業で始めた事業が、かなりの規模になってくると、

『本業を辞めて、副業だけで生きていきたい』

と考える人も出てきます。

その場合は、株式会社の方が良いでしょう。

 

株式会社は、合同会社とは違い、

『出資による資金調達』

を行うことが出来ます。

 

これにより、資金の目処が立ちやすく、

『会社経営をさらに活発に出来る』

というメリットがあります。

 

また、上場企業に上がることで、

『会社の信用』

が高くなりやすいのも、メリットと言えるでしょう。

 

会社の信用が高くなるということは、

  • 出資者がさらに増える
  • 優秀な従業員が増えやすくなる
  • 各種融資が受けやすくなる

など、多くの相乗効果を生み出す要因となります。

 

その分、

  • 会社経営を持続させる必要がある
  • 株主から経営に関して文句を言われる
  • 上場維持に対する費用が増える

などのデメリットもあるため、良いことばかりとは言えなくなるでしょう。

ある程度のリスクを背負っても、

「会社経営を大きくしたい」

と考えるなら、株式会社をおすすめしますよ。

 

自分の目標を決めておく

合同会社と株式会社を選ぶ際は、

『自分が、何を目標にしているのか』

を明確にしておく必要があります。

 

安易に決めてしまうと、

「本当は違う方法で会社経営をしたかった」

と後悔することにもなりかねません。

 

そうならないためにも、

『目標を定め、あらかじめ計画を立てる』

ことをおすすめします。

それが、副業成功のカギとなってくるでしょう。

税務調査

サラリーマンの副業で税務調査が入る可能性と入った時の対策を紹介

2019年1月15日

まとめ

今回のまとめとしては、

『副業をどのようにしていきたいかで、会社設立のやり方は変えるべき』

ということが言えるでしょう。

 

合同会社と株式会社は、

『それぞれに適した経営方法』

があります。

これを決めるためには、

『副業をどのようなものにしたいのか』

を考えておかなければなりません。

 

先々で後悔しないためにも、

『自分の目標』

をしっかりと決めておくようにしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください