40代サラリーマンの年収が高い会社ランキングを紹介!転職は可能?

40代

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして、会社で働き続けていると、

『貰える給与が増える』

はずですよね。

 

その中でも、

『40代』

という年代は、年収がピークになってくる時期とされています。

サラリーマンとして、

『自己最高年収を叩き出す』

ことも可能であるため、働き甲斐がある年代でもありますね。

 

そこで、今回は、

『40代サラリーマン年収が高い会社ランキング』

について紹介します。

転職などを考えている人は、参考にしてみてください。

 

40代でサラリーマン年収の高い会社ランキングを一挙に紹介

サラリーマンとして働くなら、

『将来性のある会社』

に就職したいと考えるのは、当然のことです。

 

そして、将来性のある会社の基準を見るなら、

『最も年収の高くなる40代を見る』

ことが、正解と言えるでしょう。

 

その為、これから紹介する、

『40代で年収が高いランキング』

を見て、少しでも就職の足掛かりにしてみてくださいね。

このランキングは、企業口コミ&給与明細サイト、

「キャリコネ」

を参考にしています。

 

第10位『ルネサスエレクトロニクス』

まず最初に紹介する会社は、半導体を扱う、

『ルネサンスエレクトロニクス』

となります。

 

平均年収は、

754万円

となっています。

 

会社の評価は賛否両論あるみたいですが、

  • 新しいことに挑戦する姿勢
  • 分業を進めて、仕事をスムーズに行いやすくしている

など、一定の評価があるようです。

仕事を効率よく回して、新しいことに挑戦する姿勢は、

『働きやすく、成長しやすい企業』

の特徴でもあります。

その結果が、平均年収に出ているのかもしれませんね。

 

第9位『楽天』

第9位は、誰もが知っている会社である、

『楽天』

がランクインです。

 

平均年収は、

767万円

となっています。

 

様々な分野に力を入れており、

『たとえ別の企業が進出していても、参入を厭わない』

姿勢も、見る人にとっては魅力的となります。

業績により、ボーナスが増えやすい面もあるため、

『選択肢が多く、働きやすい』

ことが、平均年収の高さに繋がっているのかもしれませんね。

 

第8位『日産自動車』

第8位は、カルロス・ゴーン氏の逮捕でニュースにもなった、

『日産自動車』

です。

 

平均年収は、

771万円

となっています。

 

海外にも広く進出している会社であり、プレゼンの機会も多いため、

『仕事の中で、成長を実感しやすい』

という意見が多いようです。

 

成果主義のところもあり、

『限界を決めなければ、どんどん出世できる環境』

が整っているようです。

カルロス・ゴーン氏の事件では、少し騒ぎが起きましたが、

『まだまだ成長が見込める会社』

として期待できるでしょう。

 

第7位『パナソニック』

ここからは、電気会社が続きます。

まずは、

『パナソニック』

がランクインしました。

 

平均年収は、

783万円

となっています。

 

会社の特徴としては、

『堅実』

という言葉が似合うようです。

挑戦する姿勢がないわけではありませんが、

『確実に仕事をこなす』

ことで、上手く仕事を回している会社となります。

足元を固めることも、会社経営には必要なことなので、このあたりが、

『平均年収の高さ』

に繋がっているのかもしれませんね。

 

第6位『富士通』

次の会社は、パソコン事業などで有名な、

『富士通』

となります。

 

平均年収は、

806万円

であり、いよいよ800万円台に乗ってきました。

 

この会社は、大手のため、

『決められた仕事を、どれだけ効率よく出来るか』

が肝となっているようです。

また、働いた分だけ収入も増えるため、

『やりがいのある職場』

と言えるかもしれませんね。

 

第5位『東芝』

第5位は、人と地球のためにをスローガンに掲げる、

『東芝』

がランクインです。

 

平均年収は、

856万円

となっており、さらに金額が上がっています。

 

業績に応じた給与を貰えるようになっており、仕事時間も、

『メリハリがついている』

ため、働きやすい環境となっているようです。

上司とのコミュニケーションも取りやすくなっており、

『生き生きとした働き方が出来る会社』

と言えますね。

 

第4位『NEC(日本電気)』

第4位は、オリンピックスポンサーでもある、

『NEC(日本電気)』

となります。

 

平均年収は、

886万円

となります。

 

堅実的な会社経営が特徴であり、大手のため、

『年収も高い水準を保っている』

ようです。

ですが、その反面、

『コンプライアンスに難がある』

という噂も聞くため、少し気を付ける必要があるかもしれませんね。

 

第3位『ソニー』

第3位は、浮き沈みが激しいと言われていた、

『ソニー』

となります。

 

平均年収は、

937万円

となり、かなり高いと言えるでしょう。

 

昔から、業績が安定しない印象がありましたが、

『今では、かなり安定した会社』

となっています。

人間関係が良好であり、

『希望の部署に配属されやすい』

という点も、年収とあわせ、人気が高くなっている要因かもしれませんね。

 

第2位『日本アイ・ビー・エム』

第2位は、外資系企業である、

『日本アイ・ビー・エム』

がランクインしています。

 

平均年収は、

942万円

となっており、かなり高いですね。

 

外資系企業の特徴として、

『実力主義』

というものがあり、この会社も例外ではありません。

意識が高く、何よりも、

『個人の実力を、いかに示せるかどうか』

で、年収が決まってくるでしょう。

 

第1位『日本ヒューレット・パッカード』

40代サラリーマンの年収が高いランキング、栄えあるトップは、

『日本ヒューレット・パッカード』

となりました。

 

平均年収は、

961万円

となり、大台の1,000万円に乗る勢いです。

 

誰かに指示されるというより、

『自立して、自ら成果を挙げる』

ことで、年収をかなり上げることが出来ます。

外資系企業の特徴が、とてもよく表れている会社と言えるでしょう。

お年玉

お年玉などお金を人に渡すとかかる税金はいくらから?贈与税をチェック

2019年1月21日

転職を考えるなら、早めの行動がおすすめ

40代

40代サラリーマンの年収が高い会社ランキングを紹介しました。

どの会社も、

『それぞれの色を持っている』

ため、どこにするか悩む人も出てくるのではないでしょうか。

 

また、今の会社から、

『年収の高い会社に転職を考えている人』

も、今回紹介した会社は参考にしてもらって大丈夫だと思います。

ですが、注意点として、

『転職するなら、行動は早めに起こす』

ようにしましょう。

 

特に、年齢が30代に差し掛かっている人は、

『決断をする時期』

となっています。

 

実力主義の会社もありますが、傾向として、

『年齢が若い方が、就職しやすい』

です。

それだけ、将来に期待が出来るということにも繋がりますからね。

 

特に、実力があるのにくすぶっている人は、

『さらなる成長の場を求めて、転職をするべき』

だと言えます。

最終的には、自分で決めることですが

『早めの行動』

を心掛けてみてくださいね。

有給休暇

有給休暇取得義務化の法律や制度の内容をわかりやすく解説!

2019年1月21日

まとめ

今回のまとめとしては、

『ランキングに入っている会社は、どれも高い年収を期待できる』

ということが言えます。

 

それぞれ、特徴が違う会社ばかりですが、

『自分の特性にあった会社を選ぶ』

ことで、平均年収以上の成果を挙げることも可能でしょう。

また、転職を考えている人も、

『早めの行動を心掛ける』

ことで、十分チャンスはあると思います。

 

将来性がある会社で、少しでも年収を上げたいなら、

『ランキングに出てきた会社』

を、検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください