パワーカップルの年収はいくら?言葉の定義や特徴をチェック

パワーカップル

こんにちは。SOです。

『パワーカップル』

という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

昔から、少しずつ意味合いが変わってきている言葉なのですが、いわゆる、

『共働き夫婦に対する年収額』

が、一定金額を超えているときに使われる言葉となっています。

 

言葉のとおり、

『かなり稼いでいる夫婦』

にしか使われない言葉としても有名です。

このパワーカップルが、最近話題になっているようですね。

 

そこで、今回は、

『パワーカップルの定義や現状』

について紹介します。

共働きの人は、参考にしてみてください。

 

パワーカップルの定義や年収とは、どんなものか?

冒頭でも紹介したとおり、パワーカップルは、

『かなりの年収額を稼いでいる夫婦やカップル』

のことを指しています。

 

こんな呼び名が付くぐらいなので、

「かなり大きな金額を稼いでいる」

と思う人も多いでしょう。

 

年収700万円以上

現在、パワーカップルの定義とされているのは、

年収700万円以上を稼ぐこと

とされています。

 

これは、2人の合計年収ではなく、

『2人とも、年収700万円以上を稼いでいる』

ことを意味しています。

その為、最低でも、

『合計1400万円以上を稼ぎ出している』

ことになります。

これだけあれば、かなり余裕のある生活を送ることが出来るでしょう。

 

ですが、パワーカップルになるには、

かなりの努力と工夫

が必要になります。

 

というのも、年収700万円を稼いでいる、男女それぞれの割合は、

男性:約20%

女性:約3%

となっていて、かなり狭き門なのです。

社会人として働いている人なら、

『年収700万円を稼ぐことがどれだけ難しい事か分かる』

と思います。

 

特に、働き手が増えてきたとはいえ、

『女性が年収700万円を超える』

には、かなり厳しい条件をクリアする必要があります。

それだけ、パワーカップルになるのは難しいということですね。

 

昔は、更に高い定義となっていた

今でも、パワーカップルの定義は、

『かなり厳しい』

ものとなっています。

 

ですが、数年前までは、

『さらに高い定義が決められていた』

ことを知っているでしょうか。

 

例を挙げると、2013年には、

男性年収1600万円

女性年収1000万円

が、パワーカップルの定義とされていました。

これは、あくまで一部の定義であり、

『人によって、様々な定義が囁かれていた』

と言われています。

 

こんな年収を、仮にサラリーマンが稼ぐなら、

『会社のトップ2くらい』

にはならなければならないでしょう。

それほど、パワーカップルの定義は厳しいものなのです。

40代

40代サラリーマンの年収が高い会社ランキングを紹介!転職は可能?

2019年1月22日

パワーカップルになるには、『フルタイム』が最低条件?

パワーカップル

パワーカップルの定義について、紹介しました。

ここまでの内容から、

「パワーカップルなんて夢物語」

と感じる人も多いのではないでしょうか。

 

ですが、実はそうでもなく、

『働き方次第では、パワーカップルになる可能性はある』

と言えるのです。

 

男女とも『フルタイム』で勤務することが必要

まず、

『サラリーマンとして、パワーカップルを目指す』

なら、最低でもクリアするべき条件があります。

 

それは、

『男女ともフルタイムで勤務する』

ということです。

 

よく見るカップルの形としては、

『男性がフルタイム、女性がパートタイム』

だと思います。

ですが、これではどうあがいてもパワーカップルにはなれないでしょう。

 

その為、パワーカップルになるためには、

『男女ともフルタイムで働き、役職を上げる』

ことが、サラリーマンとしてパワーカップルを目指す最低条件だと言えるのです。

子供が欲しいと思っている人は、この働き方は難しいので、

『別の道を模索する』

ことを考えてみてください。

 

個人で事業を立ち上げる

サラリーマンでは、

『フルタイムで働かなければ、パワーカップルにはなれない』

ことを紹介しました。

 

ですが、出来れば、

「子供も作って、パワーカップルも目指したい」

と考えている人が多いと思います。

 

そんな人は、

『個人で事業展開する道』

を選ぶ方が良いかもしれません。

個人事業なら、自分の実力次第で、

『年収は青天井』

となります。

 

ですが、男女そろって事業展開するのは、

失敗した時のリスクが大きくなる

ことは確かです。

その場合は、

『年収が高くなりやすい男性だけサラリーマンをする』

ことをおすすめします。

 

これなら、仮に事業が頓挫しても、

『収入源を確保することが出来る』

ので、保険をかけることが出来ます。

 

どのような形で、パワーカップルを目指すのかを考えて、

『個人事業を上手く活用する』

ようにしてみてはいかがでしょうか。

有給休暇

有給休暇取得義務化の法律や制度の内容をわかりやすく解説!

2019年1月21日

パワーカップルになれば、生活がかなり変わる

パワーカップルについて、色々と紹介してきました。

実際のところ、

『パワーカップルの比率は、まだ少ない』

のですが、それでも夢のある目標となっていることは確かです。

 

社会人として働く以上、

『生涯の目標の1つにする』

ことは、人生に張り合いが出てくるでしょう。

 

また、パワーカップルになれれば、

『生活環境がかなり変わる』

こととなります。

 

収入面は言うまでもなく、

  • マイホームの規模
  • 貯蓄額
  • 税金額
  • 休日の過ごし方
  • 趣味への投資

など、多くのことが良い方向へ向かい始めます。

その分、働き方によっては、

時間がなくなり、子育てなどに影響が出る

ことも考えられます。

男女が一緒に生活していく上で、子供の問題は無視できないものです。

 

その為、パワーカップルを目指すなら、

『生活環境が変わることを見越して、計画を立てる』

ことが、重要になってくるでしょう。

 

収入面でも、生活面でも幸せを掴みたいなら、

『しっかりとした計画』

を立ててみてくださいね。

お年玉

お年玉などお金を人に渡すとかかる税金はいくらから?贈与税をチェック

2019年1月21日

まとめ

今回のまとめとしては、

『パワーカップルは、時代によって定義が変わっている』

ということが言えます。

 

男女が一緒に生活していく上で、

『パワーカップルになる』

のは、人生に多大な影響を与えることになります。

もし、本当に目指すなら、先程も紹介したように、

『子供の件を含めて、入念な計画を立てる』

ことが重要になってくるでしょう。

 

なかなか難しいかもしれませんが、可能であれば、

『お互いの人生と子供の人生のため』

に、パワーカップルを目指してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください