バス運転手の年収をチェック!人手不足の原因は激務と給料の低さ?

バス運転手

こんにちは。SOです。

普段、通勤通学などで使われている公共機関に、

『バス』

があると思います。

 

乗る人と乗らない人が分かれるものですが、

『日々の生活に欠かせない乗り物』

となっていることは確かです。

ですが、近年、

『バス運転手が人手不足になっている』

という話を聞くようになりました。

 

バスが運行されなくなれば、

『日常生活に影響が出る』

ことも、大いに考えられますよね。

 

そこで、今回は、

『バス運転手が人手不足になっている原因』

について紹介します。

年収なども合わせて紹介していくので、参考にしてみてください。

 

バス運転手の年収はどれくらい?

普段から、よく見かけるバス運転手ですが、

『実際に働いた場合、どれくらいの年収があるのか』

については、あまり知られていません。

 

身近な人で、バス運転手として働いている人が少ないということもありますが、

「実際に、どれくらい貰えるのか」

は、分かりづらい点ではありますよね。

 

その為、まずは、

『バス運転手の平均年収』

について紹介していきます。

 

バス運転手の平均年収は、『300~400万円』

バス運転手の平均年収としては、

300~400万円

が、一般的とされています。

 

若いときは、そこまで多くは貰えないのですが、

  • 勤続年数
  • 無事故無違反
  • 良好な勤務態度

などを積み重ねれば、年収が上がりやすくなっています。

 

ですが、年収を400万円台まで上げるには、

『それなりに経験を積んだベテラン』

でなければいけません。

 

一般的なサラリーマンと同じようなものであり、

『大きく稼ぎたい人』

には、向いていないかもしれませんね。

 

都市部のバス運転手は、年収が高くなりやすい

バス運転手は、

『どの地域で仕事を行うか』

によっても、給料が変わってきます。

 

なるべく路線が多く、バスの数も多い場所なら、

『その分、年収が高い』

ことが多いのです。

東京などに行けば、

年収500~600万円

を稼いでいる人も、それなりに出てきますよ。

 

また、その中でも優秀なバス運転手は、一部ですが、

年収1,000万円

を稼いでいる人もいるようです。

ここまで稼ぐには、

『相当の努力』

が必要になりますが、夢はあると言えるでしょう。

パワーカップル

パワーカップルの年収はいくら?言葉の定義や特徴をチェック

2019年1月22日

バス運転手が人手不足なのは、激務や給料のせいなのか?

バス運転手

バス運転手は、近年、

『深刻な人手不足』

が騒がれています。

 

ですが、実際のところ、

『何が原因となっているのか』

は、あまり知られていません。

 

ここからは、

『バス運転手が人手不足な原因』

についても紹介していきます。

 

バス運転手の人手不足は、激務だから?

バス運転手が人手不足と言われる理由の1つに、

『激務だから』

という理由があります。

 

現時点、バス運転手の平均労働時間は、

9~10時間

と言われています。

 

これは、休憩時間を抜いたものですが、

『これだけの時間を、運転に割いている』

ということですね。

 

運転自体は、慣れてしまえば問題ないのですが、

『バス運転手は、運転だけが仕事ではない』

ことも、考慮しておかなければなりません。

最も一般的なものとして、路線バスがありますが、このバスは、

『多くの一般客を乗せる』

ことになります。

 

誰もがおとなしく乗っていれば良いのですが、中には、

『運転手に対して暴言を吐いてくる人』

もいるのです。

バスは、決められた時間の中で動いていますが、

『自分の都合だけを考えている人が、文句を言っていること』

が、よくあります。

 

そんな人の相手をしながら、

『時間どおりにバスを運行させなければならない』

ので、ストレスはかなり溜まり、運転ミスなどにも繋がることがあるようですね。

 

運転に加えて、

『接客業まで担当しなければならない』

なんて、なかなかキツイことでしょう。

このような労働環境から、

『若い人が就職したがらない』

ことも、人手不足の要因となっています。

 

給料と仕事が釣り合っていない

さきほど紹介したように、

『しっかりと働けば、バス運転手でもそれなりに稼げる』

のですが、仕事内容と給料が釣り合っていないと感じている人も多いようです。

 

1日約10時間運転し続けて、問題のある客の接待をやりながら、

『無事故無違反を貫き通さなければならない』

のは、確かにキツイと言えます。

それに対する給料が、

年収300~400万円

というのも、今の時代、あまり需要がないのも確かです。

 

稼ぎたいだけなら、

『他にも多くの選択肢がある』

ため、あまり魅力を感じないのかもしれません。

宅建

サラリーマンが副業として宅建で稼ぐ方法をチェック!いくら稼げる?

2019年1月23日

バス運転手は、給料よりもやりがい重視の仕事になる

バス運転手が人手不足になっている原因について紹介しました。

やはり、人手不足の理由としては、

  • それなりに激務である
  • 仕事に対する給料が、少し物足りない

などが挙げられます。

 

不況が続く、今の時代では、

『給料が少しでも高い仕事』

が好まれるため、特に若い人には受けが悪いようです。

 

それでも、バス運転手になりたいと言っている人はいるのですが、その人々は、

『バス運転手という仕事のやりがい』

を重視していることが多いみたいですね。

 

バス運転手は、見方を変えると、

『社会の流れを支える、重要な役目を担っている人』

でもあります。

バスを運転してくれる人がいなければ、

『日常生活に、多大な影響が出る』

ようになるでしょう。

 

自分の仕事が、世の中の役に立つと考えれば、

「バス運転手も、そこまで悪い仕事ではない」

と考えることが出来ます。

警察官や消防官などを連想してもらえば、少しは分かりやすいのではないでしょうか。

 

 

お金よりも、生きがいを見つけたい人は、

『バス運転手に向いている』

と思うので、就職先としておすすめです。

プログラミング

サラリーマンが副業としてプログラミングで稼ぐ方法をチェック!

2019年1月24日

まとめ

今回のまとめとしては、

『バス運転手は、年収よりも生きがいを選ぶ人の仕事』

ということが言えます。

 

どんな人でも、

『人から文句や嫌味を言われながら、長時間働くこと』

が好きとは言わないでしょう。

ですが、バス運転手は、

『この条件を飲んで働いている人』

が活躍している職場なのです。

 

今後、給料が上がるなら別ですが、それが無理なら、

『バス運転手の魅力を、どれだけ世間に伝えられるか』

が、人手不足解消の鍵となってくるでしょう。

バス会社の人には、頑張ってもらいたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください