アルバイトから正社員になる方法やコツとは?登用例をチェック!

アルバイト

こんにちは。SOです。

学生やフリーターといった人であれば、

『アルバイトをしている』

ことが多いと思います。

 

お小遣い稼ぎや生活費の足しにするために、様々なアルバイトをしていると思いますが、

『途中で正社員に登用される人』

もいるでしょう。

待遇がアルバイトとは違ってくるため、

「いずれは正社員になって稼ぎたい」

と考えている人も少なからずいます。

 

そこで、今回は、

『アルバイトから正社員になる方法』

について紹介します。

アルバイトを頑張っている人は、参考にしてみてください。

 

アルバイトが正社員になる方法や登用のコツとは?

アルバイトは、ほとんどの場合、

『一定期間だけ働く』

という人が多いと思います。

 

本命は、別の就職先だったりするため、

『ずっとアルバイトを続けていく人』

は少ないでしょう。

ですが、働き次第では、

『会社から、正社員に登用する話を貰う』

ことも、十分に考えられます。

 

長期で働いている人は、正社員に登用されやすい

アルバイトから、正社員に登用されたい人は、

『短期間だけ働く』

だけでは、可能性が低くなります。

 

ある程度、長期的に働き、

『仕事をしっかりと覚えている人』

が、正社員登用されやすいのです。

 

長期的に働いていると、大抵の人は、

『どうやって仕事をすれば良いか』

を理解するようになります。

また、正社員登用の前段階である、

『バイトリーダー』

などで、店舗の経営に近づけば、かなり正社員に近づくことでしょう。

 

この場合、長期的に働くことで、

『目に見える実績を作る』

ため、雇用側も、正社員に登用する判断材料と出来るのです。

 

積極的に動く

正社員登用のためには、

『長期間、働くだけは足りない』

こともあります。

 

中には、

『どれだけ積極的に動いていたか』

についても、見られることがあります。

 

例えば、

  • 売上に貢献している
  • 斬新なアイデアを出している
  • 後輩育成を、積極的に行っている
  • 勤務態度が、かなり優秀
  • 接客態度が、非常に良い

などがあります。

雇用側が、

「この人がいれば、会社にとってプラスになる」

と判断できるくらい、積極的に動いてみましょう。

それが、正社員になる可能性を高めることに繋がっていきます。

 

なるべく多くの業務を経験すること

アルバイトと一言でいっても、

『様々な業務が存在する』

と思います。

 

最初は、基本的な業務を行うと思いますが、

『働く期間が長くなれば、他の業務も担当することになる』

でしょう。

 

このとき、出来るだけ、

『多くの業務を経験しておく』

ことをおすすめします。

 

業務の中には、

『あまり多くの人が出来ないもの』

も含まれています。

そして、それが出来る人というのは、

『会社の中で、価値が高くなる』

のです。

 

価値のある業務が出来るようになれば、必然的に、

『その人に対する評価も上がる』

ことは、簡単に想像できるでしょう。

そして、アルバイトだけではもったいないと考え、

『正社員に登用される』

ということになるのです。

 

アルバイトの場合、ほとんどの人が、

『誰にでも出来る業務』

を行っていることがほとんどです。

もちろん、これも大切な業務に変わりないのですが、

『それ以外の業務が出来る人は、さらに貴重な存在になる』

と言えます。

 

任せられる業務が増えるほど、

『雇用側としても、長く働いて欲しい』

と考えるため、多くの業務を経験しておきましょう。

 

勤務態度には気を付ける

アルバイトで、いくら仕事が出来ると言っても、

『勤務態度が悪い人』

は、正社員に登用されることはありません。

 

これは、どんな仕事でも同じですが、

相手を不快にさせる人とは働きたくない

と考えるのが、一般的だからです。

 

仕事を行う上で、最もマイナス要素になることは、

『場をかき乱す人と仕事をすること』

と言っても、過言ではありません。

人間関係が悪ければ、自然と仕事効率も下がり、

『業績悪化や、評判の低下』

に繋がってしまうのです。

 

その為、自分がいくら仕事が出来るからといって、

『接客が雑になったり、出来ない人を馬鹿にする』

などの行為は、慎むようにしましょう。

それが、きっかけで、

『正社員登用の話がなくなる』

なんてことも有り得るため、注意してください。

 

正社員登用に有利となる資格を取る

アルバイトの中には、

『仕事に見合った資格』

を持っていた方が良い事もあります。

 

例えば、税理士事務所でバイトをしているなら、

『税理士資格』

を取るなどですね。

単なるお手伝いなら、特に必要はありませんが、

「いずれ、正式に雇ってもらいたい」

と考えるなら、資格を取ることで、かなり有利になるでしょう。

 

アルバイトをしながら、資格取得を目指すのは、

『大変だと感じる人』

も多いですが、後々、自分に返ってきます。

 

今後の人生に繋がっていくので、

『資格が取れるなら、取っておく』

ことをおすすめしますよ。

日雇い

サラリーマンの副業としておすすめの日雇いアルバイトをチェック!

2019年1月12日

正社員を狙うなら、アルバイト先は事前に調べておく

アルバイト

アルバイトから正社員に登用される方法やコツを紹介しました。

ですが、何よりも注意しておくことがあります。

それは、

『自分が働くアルバイト先を、事前に調べておく』

ということです。

 

よく、求人に載っている、

『正社員登用』

と書かれた文字がありますよね。

あれは、確かにそのとおりの意味だとは思いますが、

本当に正社員登用を行っているかを証明できるものではない

ことを、覚えておいてください。

 

過去に、正社員登用を行った実績があっても、

『現在、行っている保証はない』

からです。

 

その為、出来るだけ、

『アルバイト先の正社員登用状況を調べる』

必要があります。

アルバイトだけで良いなら別ですが、

『正社員を視野に入れて働く』

なら、この作業は重要となってくるでしょう。

いくら一生懸命働いても、目的が達成できなければ意味がないですからね。

 

情報は、どんなことに対しても、

『大きな武器となりうる』

のです。

しっかりと、情報収集をしておきましょう。

 

調べる方法は、

  • ネットで調べる
  • 働いている人に聞いてみる
  • 同系列の店舗で働く友人を探す

など、様々な方法があります。

正社員を狙うなら、入念な準備をしてみてくださいね。

居酒屋

サラリーマンの副業として居酒屋でアルバイト!飲食店での働き方とは?

2019年1月12日

アルバイトから正社員になる登用例

アルバイトから正社員になる方法やコツを紹介しました。

ここからは、

『実際に登用された例』

を紹介します。

 

最も分かりやすいものが、

『コンビニアルバイトから正社員になる』

という例です。

 

コンビニアルバイトは、始めやすい仕事ではあるのですが、

『辞めていく確率も高い』

仕事となっています。

その為、真面目に長期間働いていると、

『正社員になるかどうかの打診』

を受けることが、よくあるのです。

経験があって、しかも真面目に仕事をしてくれる人材は、とても貴重ですからね。

 

正社員になると、

『コンビ二責任者』

の仕事を任されることが多くなります。

 

自分が働いていた店舗以外でも、

『いくつかの支店の売り上げ管理を任される』

ため、やることは多くなるのです。

その分、

『アルバイトより、給料も社会保障も手厚くなる』

ため、かなり生活が豊かになるでしょう。

 

勤務時間としては、

『9時~17時』

が基本となり、普通のサラリーマンと同じようになります。

ですが、コンビニ全体の管理や、シフトの都合があるため、

『休日が取りにくい』

などの問題もあるため、アルバイトよりは忙しくなってくることは避けられません。

また、正社員雇用された後も、

『試用期間』

が設けられることもあるため、油断していると解雇になることもあります。

 

正社員になる以上、

『他のサラリーマンと同じように働く』

ことになるので、そこは認識しておくことをおすすめします。

 

大変なことも多くなりますが、なるべく早めに正社員を目指すなら、

『コンビニアルバイト』

をやってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

『正社員を目指すなら、働き方・実績・情報収集の条件を満たすようにする』

と言えます。

 

あまり、正社員になる基準が厳しくなければ、

『意外と簡単に登用される』

こともあるのです。

ですが、ほとんどの場合、

『働き方や実績』

を見て、判断されるでしょう。

 

また、正社員登用に積極的なのかどうかも、

『事前に調べておく必要がある』

ため、安易にアルバイト先を決めるべきではないかもしれません。

自分がどこで働けば良いのかを、しっかりと見定めてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください