転職に成功と失敗の事例をチェック!再転職や出戻りの基準はどこ?

転職

こんにちは。SOです。

今の時代、

『転職』

が、当たり前の時代になってきています。

 

もはや同じ会社で、定年まで働くという概念が崩れてきており、また、

『自由に働きたい』

という願望も、転職を後押ししているようですね。

ですが、転職といっても、

『成功する場合と失敗する場合』

に分かれています。

 

その為、転職に踏み切る前に、

『どちらの事例も知っておく』

ことで、ある程度、心の準備が出来るようになるのです。

 

そこで、今回は、

『転職の成功・失敗事例』

について紹介します。

再転職や出戻りの基準についても紹介するので、参考にしてみてください。

 

転職の成功事例

転職

まずは、

『転職の成功事例』

について紹介します。

 

転職によって、

『人生が変わった』

という人も多いので、転職の判断材料にしてみてください。

自分がやりたい仕事が出来るようになった

転職して、成功した例としては、

『自分がやりたい仕事を出来るようになった』

ということが挙げられます。

 

例えば、営業を担当する部署があったとします。

この会社は、

『一定のノルマを、常に満たさなければならない』

ため、営業担当の人は、必死に取引先と交渉をするでしょう。

 

ですが、営業だからといって、

『必ずしも、営業が好きでやっている人だけではない』

ため、当然、成績に差が出てきました。

特に、成績が悪い人は、

「本当は、別の仕事がしたかった」

と考えている人であり、仕事に対するやる気も、あまり出ない状況だったのです。

 

ですが、この人は、

『デスクワーク』

をさせると、かなり効率よく仕事ができ、本人もこちらの方が好みの仕事だったのです。

 

それから、営業の仕事とデスクワークを続けていく中で、

「もっと自分の適正を活かした仕事がしたい」

と考えるようになったため、デスクワーク中心の会社に転職する決意を固めます。

結果としては、会社から止められはしたものの、

『見事、自分がやりたい職種に転職することが出来た』

というわけですね。

 

もともと、デスクワークが好きなこの人は、その仕事効率から、

『転職先で重宝される』

存在となることができたと言います。

 

少し、物語のようになってしまいましたが、この例は、

『実際に体験している人』

の話を元にしています。

 

転職を成功させるコツとしては,

『自分が本当にしたい仕事を探す』

というものがあります。

やりたくもない仕事を続けていても、

『自分にも、会社にもマイナスとなる』

だけです。

転職したい人は、今一度、自分が何をしたいのかを考えるべきだと言えるでしょう。

 

自分の資格を活かした転職が出来た

これは、よくある話なのですが、

『自分が持っている資格を、今の仕事に活かせていない人』

が、多くいることを知っているでしょうか。

 

せっかく、ファイナンシャルプランナーの資格を持っているにも関わらず、

『自分の勤めている会社で、その知識を活かせない部署にいる人』

などが、これに当たります。

 

他にも、様々な例があり、これらは、

『とてももったいない』

ことだと言うのは、少し考えれば分かることでしょう。

 

ですが、会社によっては、

『その人の地位によって、敢えて能力が活かせない部署に配置している』

こともあります。

この原因は、ほとんどの場合、

『資格を活かした仕事をされたら、不都合なことがあるから』

だとされています。

 

一般的に考えて、

『資格がないより、資格のある人の方が能力が高い』

と思うのは、当然のことだと思います。

それでも、中には、

「有能な人材がいるせいで、自分の出世が遠のく」

と考えている人が多いのです。

 

誰しも、自分より優れた存在がいた場合、

『その人を妬む気持ちが生まれる』

のは、当然のことです。

ましてや、それが、

『自分の部下』

なら、なおさら、出世の芽を潰そうと考えてもおかしくはありません。

 

そういった待遇を受けている人が、

『自分の資格を活かせる職場に転職する』

ことで、伸び伸びと仕事が出来る可能性は高くなります。

実際、資格を活かした転職で、

『以前より、格段に待遇改善された』

という人は、多くなっているのです。

 

人より、強みを持てるというのは、

『その人が働く上での武器』

となります。

その武器を、しっかりと活かしてみることをおすすめしますよ。

メモ

windowsで使える無料のメモ帳アプリを紹介【情報共有におすすめ】

2019年2月3日

転職の失敗事例

転職

転職は、成功する人もいれば、

『失敗する人』

もいるものです。

 

ここからは、

『転職の失敗事例』

についても紹介していきます。

 

給料だけで転職すると、失敗しやすい

よく、耳にする話として、

「給料が低いから、転職したい」

というものがあります。

 

これは、確かに転職理由の1つとして、

『十分、動機になるもの』

だとは思います。

 

ですが、これだけでは、

『転職に失敗する』

ことになるでしょう。

 

給料が高い仕事というものは、

『それに見合った働きが出来て、初めて成り立つ』

ため、転職後の苦労も増えることが多いのです。

また、職種としても、

『以前の仕事とは、全く違ったことを要求される』

ことが多いため、失敗しやすい要因となっています。

 

その為、給料が良いからと言って、

『その場の勢いだけで転職する』

という人は、後悔することになるでしょう。

実際、これで失敗している人も多いのです。

 

給料が良い仕事は、

『仕事の内容を確認してから検討する』

ことをおすすめします。

 

気に食わない人がいるから転職も、失敗しやすい

別の失敗例として、

「気に食わない人がいるから転職する」

というものがあります。

 

確かに、仕事を続けていく上で、

『人間関係は、かなり重要な意味を持ってくる』

ものです。

あまりにも酷い人間関係の場合は、

『有無を言わさず転職する』

ことは、必要だと言えるでしょう。

 

ですが、人間関係にも様々なものがあり、単純に、

「この人とは馬が合わない」

という理由では、転職先でも同じようなことになる可能性があるのです。

 

人間関係は、働いていく上で、

『避けて通れない問題』

と言えます。

 

全てを我慢する必要はありませんが、

『多少は受け流せる度量』

を持ち合わせていた方が良いでしょう。

アルバイト

アルバイトから正社員になる方法やコツとは?登用例をチェック!

2019年2月3日

再転職・出戻りの基準は、辞めたいときではない

転職

転職の成功・失敗事例について紹介しました。

そんな中、最近さらに注目されているのは、

『再転職・出戻り』

となります。

 

転職した後、また別の職場を探したり、

『元いた職場に出戻りを申し込む』

ことが、よく起きているようなのです。

 

ですが、中には、

「再転職・出戻りの基準が分からない」

と、悩んでいる人も多いようですね。

そういった人に、アドバイスを送るとすれば、

『再転職・出戻りは、まず1年間働いてから決める』

というものになります。

 

確かに、今の時代、

『転職することが、比較的簡単になっている』

ため、仕事を変えようと思えば、すぐにでも出来るでしょう。

それでも、1度入った会社は、

『最低でも、1年間は働いてから転職を申し出る』

ようにすることが、最低限の義務とも言えます。

 

転職先の会社も、

『自分の会社で、成果を挙げてほしい』

からこそ、採用を決断しています。

それを、少し合わないからと言って辞めるのでは、

『あまりにも、礼儀を弁えない行為』

と見られてしまうのです。

 

また、すぐに辞められたとしても、次の転職先で、

『履歴書を見られる』

ことになります。

当然、以前辞めた会社の勤務期間についても言及されるため、

『相手にマイナスイメージを与える』

ことにもなりかねません。

 

その為、よっぽど、すぐに辞めなければならない理由がない限りは、

『1年間は仕事を続けてから、再転職・出戻りを検討する』

ようにしましょう。

それが、自分のためにもなりますよ。

年商

年商の意味とは?売上高や年収との違いをチェック!

2019年2月3日

まとめ

今回のまとめとしては、

『転職をするにしても、仕事と自分の状況を考えてから決める』

ということが言えます。

 

転職を成功させるのも、はたまた失敗させるのも、

『どれだけ状況を把握できるかどうか』

にかかっています。

自分がどんな仕事をしたいのか、そして、

『転職した後、どんな風に働ければ良いのか』

をしっかりと考えることで、成功確率には雲泥の差が出てくるのです。

 

これが出来れば、

『再転職・出戻り』

も、スムーズにいくでしょう。

転職には、

『現状把握が必要』

だと、覚えておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください