転職に失敗した事例を紹介!新しい会社を辞める時期はいつが良い?

転職

こんにちは。SOです。

今の仕事が嫌になり、

『転職に踏み切った』

という人は、かなりいるはずです。

 

転職がブームになりつつある現代においては、

『あまり珍しくない話』

ですよね。

 

ですが、転職したとしても、

「思ったような場所ではなかった」

と、後悔することもあるでしょう。

それでも、転職して日が浅い場合は、

『なかなか、次の仕事先を探すことも出来ない』

はずです。

 

そこで、今回は、

『転職失敗した事例と新しい会社を辞める時期』

について紹介します。

転職を考えている人は、参考にしてみてください。

 

転職失敗例を紹介

まずは、転職したにも関わらず、

『失敗してしまった例』

について紹介します。

 

何をもって失敗とするかは、

『人それぞれ違う』

と思いますが、1つの参考例として見ることをおすすめします。

雰囲気が合わない

給料が良い場所を選んだ人に起きやすい失敗例で、

『会社の雰囲気が合わない』

ということがあります。

 

以前の会社でも、

  • 仕事内容が合わない
  • 人間関係が合わない
  • 給料が安い

などの理由から、転職を選んだことでしょう。

ですが、このうち、

『給料の改善のみを選んだ場合』

に、この失敗は起こりやすいとされるのです。

 

給料が高い会社というのは、

『それに見合った仕事内容や人間関係』

を求められることが多くなる傾向があります。

例えば、

  • 今までより、仕事の量が格段に増えた
  • 休憩が極端に少ない
  • 人間関係が、かなりギスギスしている
  • 会議のやり方が、以前とは全く異なる

など、それまでの仕事方法が全く通じなくなることが多いのです。

 

それでも、以前の会社よりは、

『給料が格段に高い』

という理由で、なんとか頑張ろうとする人はいます。

これで成功すれば良いのですが、中には、

『会社のやり方や雰囲気についていけず、うつになる』

という人も出てくるのです。

 

確かに、給料が高い会社というのは、

『それだけで、かなり魅力的に見える』

のは、誰しも同じことです。

ですが、人が働く上で、最も考えなければならないことは、

『自分が、気持ちよく働けるかどうか』

となります。

給料だけを見ることなく、

『転職先の会社が、どんな雰囲気や仕事内容なのか』

を、ある程度調べておく必要があるでしょう。

畑違いの職業に転職する

次に、失敗しやすいものとして、

『畑違いの職業に転職する』

ということです。

 

畑違いの仕事というのは、例えば、

『運送業からIT企業に変わる』

ようなことを言います。

 

今まで、全く関わりのない仕事を、

『転職して、1から覚える』

ことは、誰でも苦労するものです。

よっぽど、その分野の仕事がしたいと考えているなら、

『最初に、多くの努力を積み重ねる』

ことで、対応出来るかもしれません。

 

ですが、とりあえず転職したいという理由だけで、別の職種を選ぶと、

『自分に全く合わずに、後悔する』

ことが多くなるのです。

 

努力をすれば、大抵の人は、

『どんな仕事にも、対応できるようになる』

のは、間違った考えではありません。

ですが、それ以前に、人には、

『向き不向きがある』

ということを、忘れてはいけません。

 

どれだけ、その分野の仕事が出来るようになったとしても、

『やっている人が、仕事に魅力を感じない』

のであれば、長続きすることはないでしょう。

それどころか、転職によって、

「また、自分に向いていない仕事を選んでしまった」

と考えてしまうこともあります。

 

別の分野に挑戦することは、悪い事ではありませんが、

『自分の適正が、どんな仕事に向いているのか』

を、改めて考える必要があるのです。

人間関係を割り切れない

これは、転職失敗事例でも、

『人間関係を、どうやって処理しているか』

によって、少し受け取り方が変わる例となります。

 

以前の会社において、

『上司や同僚と馬が合わない』

という理由から、別の会社に転職する人がいます。

ですが、転職した先でも、同じように、

『人間関係が上手くいかない』

ことで、後悔することが多いのです。

 

確かに、よく問題になることとして、

『人間関係の不和』

があることは、確かな事実です。

特に、社内でのパワハラなどが横行している会社は、

『百害あって一利なし』

だと言えるものです。

 

それでも、はっきりと言ってしまえば、

『どんな会社にも、大なり小なり同じような人間はいる』

ことを、知っておくべきだと言えます。

あまりにも酷いものは、別としても、そういった人間と出会った場合、

『上手く受け流す』

ことで、自分への影響を極力避けなければなりません。

 

これが出来なければ、サラリーマンなどは、特に、

『出世して、給料を上げる』

ことも、難しくなります。

 

それでも、人間関係が気に入らないという人は、

『自分主体で仕事が出来るフリーランス』

などに、転職することをおすすめします。

 

人間関係は、放っておくと、

『心を病んでしまう可能性』

が高くなります。

体は、ある程度どうにかなっても、

『心が病むと、出来ることも出来なくなってしまう』

のです。

 

これから、転職を考えている人は、

『自分が、人間関係を上手く処理できるのか』

を、よく考えてから行動してみてくださいね。

転職

転職に成功と失敗の事例をチェック!再転職や出戻りの基準はどこ?

2019年2月8日

新しい会社を辞める時期は、『うつ』になるかどうか?

転職

転職失敗事例を、紹介してきました。

これ以外にも、人によって、

『様々な転職失敗事例』

があると思います。

 

ですが、新しい職場に変わった後に、

『失敗したから、すぐに辞める』

なんてことは、なかなかできないですよね。

それでも、敢えて辞める時期を紹介するなら、

『うつになったとき』

をおすすめします。

 

厳密に言うと、

『うつになると確信したとき』

ですね。

 

人が、何か仕事をする際、最も重要になるのが、

『心』

となります。

他にも、重要なものはたくさんありますが、何よりも、

『自分が仕事をするだけの、心の強さがあるかどうか

を、考える必要があるのです。

 

心と言われても、

「曖昧で、よく分からない」

と思うかもしれません。

ですが、なんとなくなら、自分が今、

『何を思って、どんな気持ちになっているのか』

は、分かるでしょう。

 

特に、仕事で嫌なことがあった場合などは

「仕事が嫌だから、転職しようかな」

と、感じることもあるはずです。

 

この気持ちを、見て見ぬふりして、無理に仕事を続けていると、

『どこかで心がうつになる』

ときが来ます。

心が強い人は、それでも、

『なんとか踏ん張って仕事を続ける』

のかもしれません。

 

とは言っても、人間誰しも、

『心が強い人だけではない』

のです。

その為、うつになるか、すでになっていると感じたら、

『その仕事は、辞めるべき』

だということを、覚えておいてください。

税金

サラリーマンの副業で税金がかからないのはいくらまで?その働き方を紹介

2019年1月12日

まとめ

今回のまとめとしては、

『転職は、自分の状況をよく考えてから望むべき』

ということが言えます。

 

転職することは、今の時代、

『かなり簡単になっている』

ため、そこまで勤め先に困ることはないでしょう。

ですが、あまりにも安易に決めてしまうと、

「こんなはずではなかった」

と後悔することもあるのです。

 

まずは、自分がどういった理由で転職するのか、

『転職先は、本当に働きたい職場なのか』

について、しっかり考えていくようにしましょう。

それが、転職成功の第1歩となりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください