トレンドブログを売る?ある仲介会社から売買を打診された!

おいしい話?

こんにちは。SOです。

今回の記事は、あるブログ売買の仲介会社から

『トレンドブログを売ってくれ』

という打診があったので、その一部始終をデフォルメしながらお伝えしていきますね。

(相手から許諾を得ていないので、どこの会社かわからないようにしています)

 

突然の意味不明なメール連絡

僕の運営しているトレンドブログに設置してある『お問い合わせ』。

多くのトレンドブログでも、『お問い合わせ』は設置していることでしょう。

この『お問い合わせ』から

「クライアントがあなたのブログに興味があるから、直接会いましょう。」

という旨、さっぱり意味のわからないメールが届きました。

お世話になります。

◯◯と申します。

この度、連絡の経緯を以下に記載します。

弊社クライアントにメディア運営企業がございまして、◯◯を拝見し、不躾ながら連絡させていただきました。

一度、本件の詳細を説明できればと思っております。

ご多忙のところ大変恐縮ですが、来週のご都合は如何でしょうか。

恐れ入りますが、何卒ご検討のほど宜しくお願い申し上げます。

正直、

『これはスパムか?』

と思いました。

ただ、相手は名前や会社名を名乗っていたので、そこから調べてみると、どうやらIT系のM&Aを手掛けている会社らしい…。

これは、

『ブログを売ってくれ』

ということ?

それにしても、内容がわからず不審感しか生まれないメールでした。

メールのタイトルも、『面談依頼』だし。

新人か、営業慣れしていない人が書いたメールなのかな…。

 

ということで、

「内容がわからないし、僕があなたに会う理由がないので、会えません。(要約)」

と律儀に返してみました。

まぁ、たまたま僕も気が向いたので。

 

トレンドブログを売ってくれ!

すると、内容の不備に気がついたのか、平謝りのメール。

◯◯様

お世話になっております。◯◯です。

~中略~

内容について、不躾を重ねてお詫び申し上げます。

クライアント(メディア運営企業)が、◯◯様が運営されている◯◯に大変興味を持っています。

そこで、お譲り頂けないか、と申しております。

ただ、メールでは詳細をお伝えできません。

上記について説明の機会をください。

恐れ入りますが、ご検討頂けますと幸いです。

何卒宜しくお願い致します

これで、メール送信元のクライアントとやらが、

僕のトレンドブログを欲しがっていること

がわかりました。

 

ただ、クライアントの具体的なことについては、メールとかでは言えない。

それで、やっぱり会って説明したいと…。

うーん、僕も暇じゃないし。

 

もう少し情報が欲しかったので、

『僕のトレンドブログをいくらで買うつもりなのか?』

という旨を返信してみました。

 

すると、次の返信が。

◯◯様

お世話になっております。◯◯です。

~中略~

譲渡価格の算定は、営業利益の2年分〜4年分にて考えております。

  • サイトの将来性
  • ◯◯様の希望譲渡価格

で、価格は前後致します。

こちらは、ぜひご相談させてください。

ご検討頂けますと幸いです。

何卒宜しくお願い致します。

これには少し驚きました。

一般的なブログ売買の相場は、利益の15ヶ月分ぐらいと耳にしていました。

なので、どう考えても今回提示された条件(営業利益の2年分〜4年分)は高すぎます。

これだと単純計算で

2000万円以上

の価格で、僕が運営するトレンドブログが売れるかもしれません。

そこまで僕のトレンドブログを評価してもらえているのか、はたまた何か裏があるのか…。

はじめは売る気もなく、関心がなかったのですが、さすがにこの金額なら興味が湧いてきます。

…ただそれでも、わざわざ会うために僕がどこかに出向くのも面倒だなぁ。

 

と思っていたら、相手から追加のメールで、

「日時や場所は問いません。指定時間に指定場所に伺います。」

どうにも相手が前のめりになって、ブログを欲しがっている様子。

結果、お話を聞くために、会うことにしました。

 

はたして、売却するのかしないのか。

いくらで売れる?

ブログを売るならいくら?売買について仲介会社に価格を聞いた結果

2017年8月16日

今回のように、メディア運営企業からも、譲渡の要望が届いたトレンドブログ。

たった一つのブログのアドセンスだけで累計1000万円以上を稼ぎ出した

『独自ブログ運営方法』

については、メルマガでお話しています。

興味があれば、登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください