ブログで安定収入!毎月10万円を稼ぐ記事ネタとアクセス数5選

放置でも月収10万円

こんにちは。SOです。

『アドセンスブログで安定して稼ぎたいけど、稼げない…』

アドセンスブログで稼ぐためには、

アクセス数が生命線

と言っても過言ではありません。

ただ、瞬間的なアクセスは集められても、長期に渡って安定的にアクセス数を獲得し続けることが難しいと考えている人が多いようです。

今回は、そんな人に向けて、アドセンスブログでの収入・アクセスが安定する記事ネタを紹介していきましょう!

 

アドセンスブログで安定収入(安定アクセス)を得るには?

アドセンスブログは、いわゆる速報ネタを素早く記事にし、爆発的なアクセスを集めることが常套手段とされています。

たとえば、そのキーワードを挙げますと、

  • (女性芸能人) (テレビ番組) プロポーズ
  • (音楽の特別番組) セットリスト
  • (マラソン大会など期間限定のイベント) 日程 参加費
  • アメトーク ◯◯芸人 出演者
  • オールスター感謝祭 (年)

などですね。

この手の速報記事ネタは、アクセスが長続きしないことが特徴です。

もって数日しかアクセスがこないネタもザラ。

なので、仮に速報ネタだけを狙って、アクセス数や収入を安定化させるには、

常に最前線にあるトレンドを追う

ことが必要になります。

これを一度でも、やった経験のある人ならわかると思いますが、結構苦しいです。

ひたすら毎日毎日、2ちゃんねるやニュースサイト、Twitter、テレビなどと、にらめっこする状態が続くわけですから…。

ただ、そのアクセスの爆発力は驚異的!

うまく速報記事を使いこなせば、

1日10万PV以上、アドセンスで日収5万円

といったことも決して夢ではありません。

 

たとえば、僕が爆発を起こしてみた記事のリアルタイムでのアクセスがコチラです。

爆発記事のリアルタイム

たった一記事だけで、全体の90%以上のアクセスを占めていて、1日のPV数も10万PVを軽く超えています。

月2~3回ほど、このレベルのアクセスの爆発を起こすことができれば、月収10万円は確定したといえるでしょう。

ブログから毎月10万円ほどの月収で十分と考え、そこに安定を求めるのであれば、速報記事を狙う価値はあると思います。

極論をいえば、狙ってアクセスの爆発を起こせるのであれば、月に2~3記事だけ書くだけで済むわけです。

ただ、ピンポイントに狙ってアクセスの爆発を狙うことは、難しいですし、さらに長期的(数ヶ月以上)に安定する手法としては、速報記事はおすすめしません。

 

では、速報ネタ以外でアクセス数を毎日安定的に稼いでくれるのは、どのような記事ネタなのか?

その考え方として、

常に検索される、もしくは周期的に検索される

ということを意識して、キーワードを組むようにしてください。

そんなワードが

  • 季節の話題
  • スポーツ
  • テレビCM
  • 病気
  • 歴史
  • 漫画
  • アニメ
  • 新しい言葉

などなど。

少なくても年単位で長期間にわたって検索されそうなワードは、無数にあります。

もちろん、安定記事ネタを狙うライバル記事も多かったりします。

(とくに季節や病気のキーワードは激戦区です)

そんな中でも、ガラ空きとなっている美味しいキーワードも、いまだに見つかりますね。

ライバル記事を蹴散らすには?

実は、すでにライバル記事が存在するからといって、それで諦める必要はありません。

より質の高い記事を生み出せば、上位を取って代わることも可能です。

なので、ライバル記事を蹴散らす方法を確立できれば、この上ない武器になるでしょう。

その手法等については、メルマガでお話していきますので、この記事の下にあるバナーから登録しておいてください。

また、上に挙げた中では、最後の『新しい言葉(造語など)』が、初心者が狙いやすいところでしょう。

しかも速報記事として爆発を狙いつつ、長期に渡って検索される、ドル箱となる安定記事に化ける可能性を秘めています。

 

アクセス数が安定する記事ネタなら、たとえブログを放置しても稼いでいくことができます。

そして長期的には、安定記事が爆発的な速報記事よりもトータルで稼いでいた、ということも珍しくありません。

ある程度育ったブログ(月収10万を超える)であれば、速報記事よりも安定記事の比率を多めにすることをおすすめします。

 

具体的に安定記事のアクセス数をチェック!

それでは、具体的に僕自身が運営するブログで安定した記事のアクセス数の推移を見てみましょう。

1.新しい言葉の安定記事

安定記事

これは、数年前に流行りだした『新しい言葉』をキーワードに組み込んだ記事です。

僕が、この記事を投稿したのは、2年前なのですが、なぜかライバル不在のガラ空きキーワードでした。

上のグラフを見てもわかりますが、毎日安定したアクセス数となっていることがわかると思います。

この1記事だけでも、トータルで30万円以上はアドセンスで稼いでいますし、これからも稼いでくれるでしょう。

具体的な例を最近でいえば、

  • ががばば
  • 5ちゃんねる
  • アウフヘーベン

などが『新しい言葉』に該当します。

2.商品のレビューの安定記事

安定記事

コチラの記事は、昔から長くテレビCMをしている、ある商品のレビュー記事です。

安定していることもありますが、もともと検索上位の記事が弱かったので、僕の記事がドンドン検索上位に向かっています。

テレビCMは、よく『auの三太郎シリーズ』など速報記事で着目されますが、それだけではありません。

昔から放送され続けているテレビCMは、いつまでも検索需要が落ちませんので、チャンス大です!

具体的な例を挙げてみると、

  • リポビタンD
  • アディーレ法律事務所(最近、トレンドにもなりましたが)
  • チューリッヒ(保険)

などが狙い目と言えるでしょう。

3.季節の安定記事

安定記事

ライバルが非常に多い季節系のキーワードですが、たまたまガラ空きのキーワードを見つけました。

それがこの記事。

毎年同じ時期に、大きくアクセス数が爆発する特徴を持っています。

季節の話題は、春夏秋冬の大きなキーワードだけではありません。

その日、1日だけでもなにか季節の話題があったりするものです。

  • ◯◯流星群
  • 敬老の日
  • コミケ

などが、その典型ですね。

その中で、細かく検索ニーズを見て行くと、ガラ空きキーワードを見つけることもできるのではないでしょうか。

あとは、毎年検索されることを意識した記事の構成にすることを意識してください。

これは、来年にその記事を読んでも色褪せないことです。

4.漫画の安定記事

安定記事

すでに2年以上も安定的にアクセスを集め続けている、ある人気漫画の記事です。

少しヒントを挙げますと、連載の休載が多い漫画の休載理由を考察した記事です。

トータルPV数を見てもらえるとわかる通り、この記事だけで累計100万PVを超えています。

例を挙げますと、

  • ハンターハンター
  • 銀の匙
  • よつばと!

これらの漫画以外にも休載が多い人気漫画は、たくさんありますので、まだまだ探せばネタはあるでしょう。

5.ゲームの安定記事

安定記事

ある人気シリーズのゲームの発売日などの最新情報をまとめた記事です。

  • 人気がある
  • 発売日までが長い(1年以上ある)

この2つの要素があれば、ほかのゲームでもドンドン狙っていいと思います。

例を挙げると、

  • ドラゴンクエスト
  • ファイナルファンタジー
  • モンスタハンター

上に挙げたゲームは、ライバルが多く激戦区になってしまい、ブログのパワーがなければ狙うことは避けましょう。

ほかに自分の好きなゲームのシリーズがあれば、それでも良いぐらいです。

今後発売することがわからなくても、個人的な予想記事ですら需要は見込めますよ。

 

以上、5つの安定記事と、そのアクセス数を紹介しました。

実は、これだけでも月収10万円を超えます。

しかも安定してアクセスを稼いでいますから、放置でも毎月10万円が財布に転がり込んでくるわけです。

 

まとめ

今回は、ブログで安定収入を得るためのコツとして、安定記事ネタの選び方と、そのアクセス数について、紹介してきました。

記事の中で紹介した通り、『新しい言葉』は本当に狙い目です。

今後も様々な造語が生まれていくでしょう。

ぜひ、日常生活の中で、ふとした時に気が付く言葉、流行の言葉などにアンテナを張ってみてください。

アクセス数が安定する記事は、一つ一つは、たいしたことのないアクセス数かもしれません。

しかし、それを数多くストックすることで、全体のアクセス数とアドセンス収入が驚くほどに安定します。

そうなれば、毎日トレンドを追う必要もありませんし、気持ちにも余裕が出てきて、精神衛生上にも非常に良いですよ。

 

ここでは、僕が稼いでいる安定記事・安定収入となっている具体的なキーワードについては、あえて伏せています。

その詳細は、僕のメルマガで厳選した人にだけ、こっそりお伝えしたいと思っています。

気になる人は、ぜひ登録しておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください