錦糸町の寿司屋魚寅鮨をレビュー!場所や口コミと評価まとめ

魚寅鮨

こんにちは。SOです。

 

お買い物をするにも、遊ぶにも、とっても便利な錦糸町。

都内中心部(新宿、新橋、秋葉原)にも簡単にアクセスでき、なおかつ、緑あふれる錦糸公園や大横川親水公園で森林浴もできる…。

そんな魅力あふれる錦糸町で

「たまには美味しいお寿司を食べて、満足した幸せな気分に浸りたい!」

という人にピッタリのお寿司屋さんがありました!

 

というのも最近、社会的ステータスの高い人々が集まる

“とある会合”

に僕は参加してきて、会場がそのお寿司屋さんだったんです。

それが、錦糸町にある

『魚寅鮨』

いやー、本当に美味しかった!

 

それで今回は、僕以外の口コミやレビューも含めて、魚寅鮨を紹介していきます。

それと記事の終わりには、僕が参加した『ハイクラスの人々が集う会合』についてもお話していきますね。

 

『魚寅鮨』とは?

『魚寅鮨』は

『鈴木水産』

という会社が運営しているお店です。

 

この『鈴木水産』の主な事業は、

神奈川の三浦三崎港から直送した新鮮な魚介類

を提供しているみたいです。

お寿司屋さんというよりは、『魚屋さん』と呼んだほうが正しいかもしれません。

 

それで『鈴木水産』は『魚寅鮨 錦糸町店』以外にも

『魚寅鮨 池袋西口店』

『回転寿司豊魚 大船店』

『寿司割烹豊魚』

など、計10店の系列店を経営していることがわかりました。

なので、錦糸町にある『魚寅鮨』に行かなくても、系列店舗に行けば、その味を堪能できるかも!?

 

『魚寅鮨 錦糸町店』はどこにある?

『魚寅鮨』の場所は、

錦糸町駅を南口から降りて、『丸井』錦糸町店の左側に『魚寅』と書かれた巨大な看板のある建物。

すぐ看板が目に入るはずです。

錦糸町駅の南口

錦糸町駅南口

錦糸町駅南口から正面

錦糸町駅南口から正面

この画像の真正面にあるのが『魚寅鮨』。(赤丸のところ)

まず迷うはずがないです。

この魚寅の建物は、2階建てになっていて、

1階は鮮魚店、そして2階に『魚寅鮨』があります。

魚寅の建物

魚寅の建物(1階は鮮魚店)

僕が行ったときは、1階の鮮魚店は行列ができていて凄い喧騒でした。

その鮮魚店の脇(『魚寅』の看板を正面からみて左)に、『魚寅鮨』へ繋がるエレベーターがあります。

ただ、エレベーターがあるだけなので、外からは『魚寅鮨』の雰囲気も感じ取れないし、初めての人は少し入りづらいかも。

『魚寅鮨』の店内はどんな雰囲気?

事前にネットにある魚寅鮨に関するレビューを見ていたのですが、店内に関する口コミが目立ちますね。

・錦糸町という庶民的な街には、似つかわしくないほどおしゃれな店内。

・2階に上がると、びっくりするくらいモダンでお洒落な空間が待っていた。

・1階の騒然とした魚屋さんの雰囲気と違って、シックな店内。

・店内に入ると、外からは想像がつかないモダンジャパニーズの空間が広がっています。

・お店は上品な感じで、ちゃんと分煙されています。

・ガラッと替わり、2階の魚寅鮨は大人な雰囲気です。

・照明を落とした店内は、1階の雰囲気とは打って変わって高級感が漂います。

魚寅鮨のレジ

魚寅鮨のお店の入り口正面にあるレジ

1階は、喧騒ある鮮魚店です。

一方で、エレベーターで2階に上がると、上の画像のレジ。

オシャレで落ち着いた雰囲気なんです。

だから、そこにギャップがあって驚くのでしょうね。

 

店内は、

  • 板前さんが内側で仕事をしているL字カウンター
  • テーブル席
  • 畳のある小上がりの個室

と揃っていて、50人ほどが座れるようでした。

 

『魚寅鮨』でコスパを求めるなら絶対にランチメニュー

数に限りがありますが、安くて上質な鮨ネタを堪能したいのなら、『魚寅鮨』のランチメニューはおすすめ。

 

ランチメニューは、全部で4種類。

中には、数量限定のランチもあります。

ランチメニュー

握り 1700円 6食限定

バラチラシ 1200円

海鮮丼 1400円 10食限定

ぜいたくランチセット 2300円

中でも、『ぜいたくランチセット』の中身が気になる人が多いと思います。

これは、お寿司がメインではなく

天ぷら・サラダ・焼魚・玉子焼き・里芋・海老

などが、御膳に乗って出てきます。

さらに、それとは別に

お寿司が5貫

ついています。

贅沢なだけに、かなり盛りだくさんのランチメニューになっています。

『魚寅鮨』ランチメニューは11時過ぎ頃までに

数量限定メニューを狙うには、『魚寅鮨』に、かなり早く行く必要があります。

他の人の口コミレビューを見ても、

私の後に入ってきた6人グループは、既に海鮮丼が2人分しかありませんでした。

なんて言うコメントもみられます。

したがって、数量限定のランチメニューを狙うなら

11時過ぎ頃まで

に行ければ、食べられるでしょう。

 

『魚寅鮨』の感想と口コミレビューから見える特徴

『魚寅鮨』の寿司の特徴

魚寅鮨の刺身

魚寅鮨の寿司

口コミレビューのコメントでは、『魚寅鮨』の寿司には、だいたい共通したコメントが寄せられています。

・シャリは小さめで握りの固さもちょうどよかったです。

・酢飯のお酢は控えめで、これまた私好み。

・握りは小振りだが、味加減は良い塩梅でシャリの具合も悪くない。

・ネタは大き目でシャリは小ぶり、握りはやや固めかな?

シャリは、

やや小さくて固めの握り

というのが、お寿司のシャリに関して共通していえることです。

 

また、寿司ネタの口コミレビューを見てみると、

・かなり厚みがあって、旨みがかたまりでぶつかってくる感じがしました。

・肉厚で、食感・味わいともに最上級。

・刺身、寿司ネタは、厚みがあり、そしてハズレがなく、美味しい。

厚みのある寿司ネタ

というのが共通していますね。

 

この口コミレビューは、

実際に行ってみた僕も共感する部分が多かった

ので、間違いないですね!

『魚寅鮨』一番のウリは?

『魚寅鮨』の母体『鈴木水産』は、三浦三崎港からの直送を掲げているだけあって、

新鮮な魚介類

がウリです。

魚寅鮨の刺身

魚寅鮨の刺身

口コミレビューを見ても、ネタの新鮮さが伝わってくるものがたくさんありました。

・ネタの鮮度で楽しむ寿司が好きな人には良いと思う。

・味はなかなか上品で魚も新鮮です。

・さしみの鮮度は問題なく良い、酒がすすむ。

・どれもネタは新鮮ですごく美味しかったです。

また、魚寅鮨は数あるネタの中でも、とくに

マグロの質

にこだわりがあるようです。

というのも『鈴木水産』は、もともと三崎のマグロ専門問屋からはじまったからです。

 

僕もマグロの鉄火巻をおかわりの追加をしてまで食べました。

魚寅鮨の鉄火巻

魚寅鮨の鉄火巻

ねっとりして味も濃くておいしかったです!

って書いてたら、食べに行きたくなりました(笑

『魚寅鮨』で寿司以外のおすすめ

魚寅鮨

・カステラみたいな高い寿司屋にある玉子焼き

・濃い透き通った黄色である、ここの茶碗蒸しが1番美味しかったです!

ウニは小さいけど量があって甘い。

・お刺身用に出してくれる塩がとても美味しい、これは岩塩で、カウンターの奥には、岩塩の塊が置かれていました。

卵料理から調味料まで、全体的に質が高いお店であることが、垣間見ることができる口コミレビューです。

 

『魚寅鮨』のスイーツに関しての口コミレビュー

そして意外なのが、寿司屋にもかかわらず、スイーツに関するコメントが結構多かったことです。

・どら焼きもパンケーキもしっとりふわっ♪

メープルアイスにはくるみが入っています、これは女子に喜ばれそう〜

・甘味のくずきり抹茶アイス(季節限定)目当てで通っているようなものです。

・お寿司屋さんで、意外な幸せスイーツいただいちゃいました。

スイーツ完備のお寿司屋さんというのもは、なかなかないですよね。

僕もアイスを食べましたが、とっても美味でした!(自家製か?

『魚寅鮨』の大将はどんな人?

やはり目の前でお寿司を握ってくれる大将が、どんな人なのか気になりますよね。

結構、重要なポイントです。

 

僕は、笑顔の50代前後の大将にあたりました。

話やすい印象で、お話も上手でした。

雰囲気もよかったです、近すぎず遠からずの距離で楽しい時間を過ごせましたね。

 

お寿司屋さんの大将というと、気難しい人なイメージがあったりもしますが、そんなことはないです。

だから、そういった心配をする必要はないでしょう。

思い切って、一人カウンターで大将と談笑しながらお寿司を味わうのもいいかもしれませんよ。

 

『魚寅鮨』で改善して欲しい点

もちろん完璧なお店なんてありません。

あえて、今後こうして欲しいなあという点も、口コミレビューをもとに見てみましょう。

・日本酒より焼酎派の私には、一種類しかなくて、一切選べないというラインナップが悲しい限り。

・焼き魚は舌平目でなくとも、もっと定番のでも良かったかな、なんて思いました。

僕としては、もうちょっと直営店ならではの、特徴があったらいいなーなんて思います。

 

『魚寅鮨』の帰りに1階でお土産を買うのもよし!

さきに紹介しましたが、1階は鮮魚店になっているので、ここでお土産を買うのもアリです。

とくにマグロとタコが人気のようですよ。

錦糸町まで来た時には、ここでマグロブツやタコブツを買って帰ることをおすすめします!

 

まとめ

全体的にレベルが高いお店です。

食べ物の味において

極端な外れを引くことはないお店

だと思います。

好みは分かれますが、マグロ好きの僕にはバッチリ合うお店でしたね。

そのかわり、『これは!』という何か変わった目玉商品を求めるには合わないかと。

 

ただ、お店に雰囲気や特別感はあるので、

デートや接待

など、特別な人と会う時に使う目的には、威力を発揮するお店です。

錦糸町に行くことがあれば、ぜひ『魚寅鮨』を上手に活用して、有意義な時間を過ごしてみてください。

 

ただし…。

はっきり言って、価格帯を考えると少々お高いお店です。

ちょっと、多めに頼んだら、あっという間に1万円を超えます。

 

具体的には、こんな価格帯です。

魚寅鮨

魚寅鮨のお寿司の価格帯

魚寅鮨

魚寅鮨のお寿司以外の価格帯

平均的な会社員だと、この金額は、

「高すぎ!」

「無理!」

って思うかもしれませんね。

 

普通の会社員である僕が、なぜこういうお店に行くことができるのか。

それは副業として、ブログで大きなお金を稼ぐことに成功したから。

そして、『ブログで稼ぐ』ということを通じて、繋がった人たちのおかげです。

僕の副業での稼ぎ方を知りたい人は…

僕が発行している無料のメルマガでお話していきます。

この記事下から登録しておいてください。

 

今回、魚寅鮨で開催された

『ブログで繋がった人たちとの会合』

では、社会的なステータスでみると、

“ただの会社員”

は僕だけでした。

(副業で会社は立ち上げていますが)

他の人は、全員

  • 会社経営者
  • 医師
  • 政治家

しかいません。

 

この食事会には、僕は三年連続三回目の参加。

今年も、お誘いを頂いたので行ってきたわけです。

はじめの時こそ緊張してましたが、流石に三回目となると慣れましたね。

 

まぁ言ってしまえば、異業種交流会という感じになるんですが、中身は他愛のない話。

ただ、そうはいっても、何もない会社員では接することのない人たちです。

中には、ほかで聞けないような話もあって、これが面白い!

お医者さんが集う学会の裏側だったり、売れる商売の裏側などなど。

はっきり言って、お金を払ってでも聞きたい人がいてもおかしくないレベルなんです。

 

たとえば、

歯医者さんをターゲットにしたホームページ(ブログ)業者の存在があって、そこに依頼すると開設だけで、なんと費用が

100万円くらい

という話を、その業者を使って開業した歯医者さんから聞いたり…。

(ブログを開設するだけなら、作業時間は1日もかかりません。)

その話は、あまりにボッタクリ価格だったので、

「それなら僕が半額以下でやりますよ」

と言ってしまうくらいで、たぶん本気で詰め寄れば、ほかの歯医者さんを紹介してもらって仕事になったはずです。

 

こういう話が、美味しいものを食べながらバンバン飛び交うわけで、そういう時こそ

「ブログをやっててよかったなー」

と、しみじみ思える瞬間です。

『ブログで稼ぐ』

っていう特技が僕になかったら、こういう場に行くことは、100%なかったんじゃないかなと思いますね。

僕が人生が変わるほどブログで稼いだ方法

については、この下にある僕の無料メルマガに登録しておいてください。

全てはメルマガでお話してきますので。

 

ではでは。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください